タグ:夕景 ( 40 ) タグの人気記事

護国神社祝竣工

177.png168.png114.png104.png
昨日、近所の小学校でイベントがあった。
お世話になっている写真屋さんが休業日なので、私に仕事が廻って来た。
子どもたちは、教室をお化け屋敷にして、みんなを楽しませている。
しかし、真っ暗な部屋なので撮影条件は厳しい。
ストロボを発光すれば雰囲気が壊れてしまう。
カメラマン泣かせの出し物だ。(>_<)

10月8日、水と土の芸術祭が終了した。
フィナーレイベントの撮影を、公式カメラマンに頼まれ、私が万代島屋外広場を撮影させてもらった。
その帰り、護国神社へ久しぶりに行って見た。
御創祀百五十年記念事業で、御神門や回廊が新造営されたのである。
今は七五三の時季でこんな撮影スポットがあった。
f0373317_11020189.jpg
私がカメラマンになったきっかけは、10年程前にブライダル写真事務所の日雇いカメラマンをした事だった。
そこでこちらの結婚式場に出入りさせてもらい、披露宴スナップの仕事撮影をさせてもらった。
人物撮影の楽しさ、難しさを経験できた事が、今の自分の財産だと思っている。
f0373317_11022307.jpg
回廊吊り灯籠に奉賛いただくと、ご自身のお名前を刻印したプレートが取り付けられる。
f0373317_11024907.jpg
移設改修された神楽殿を望む。
f0373317_11031849.jpg
夕ぐれの時間とともにご本殿が映える。
f0373317_11040392.jpg
神門の前を行き交う人たちで、なかなかシャッターチャンスがつかめない。
空に青みがあるうちに撮りたいのだが、待つ事20分。
やっと撮影できた。
f0373317_11042462.jpg
Canon EOS 7D Mark II EF-S10-18mm f/4.5-5.6 IS STM
F6.3 1/30秒  ISO3200 HDR油彩調 17:56  晴れ
撮影日 2018.10.8 撮影地 新潟市中央区・新潟縣護国神社


[PR]
by chonger58 | 2018-11-22 11:04 | 建築 | Trackback | Comments(0)

台風21号通過

144.png133.png136.png
昨日、北信越高校野球大会を見学して来た。
第三試合が始まるまで時間があり、私はスタンド通路で選手たちが外野でアップしている様子を見ていた。
そしたら前に座っていた見知らぬオヤジが「側で立っているな」と言いがかりをつけられた。
いきなりそんな事を言われれば私も「どこにいようとあんたに迷惑はかけていないはずだ」と詰め寄った。
二言、三言、売り言葉に買い言葉となり、すっかり頭に血がのぼってしまった。
これ以上、言い合いしたら球場で取っ組み合いになるかもしれない。
試合が出来なくなっては困るので、私の方から側を離れる事にした。
もうちょっと冷静になれたら「俺のどこに問題があるのか聞かせてくれ」と言えたのかもしれない。
楽しいはずの野球観戦がバカ野郎のおかげですっかりつまらなくなってしまった。

9月6日、台風21号が通り過ぎた。
そしてこの日は北海道で大きな地震があった。厚真町では震度7を観測し、土砂崩れや停電など甚大な被害が出た。
こんな日は何か不思議な雲が出るのではないかと思い、写真を撮りに行く。
しかし、夕焼けはあんまり奇麗ではなかったなあ!
f0373317_20185905.jpg
Canon EOS 7D Mark II シグマ18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary
F8.0 1/160秒  ISO800 18:01  曇り
撮影日 2018.9.6 撮影地 三条市上須頃 ・三条大橋

[PR]
by chonger58 | 2018-10-14 20:20 | 風景 | Trackback | Comments(0)

レインボータワー 夜景

177.png167.png131.png162.png
お天気がすぐれないので夕方になるまで「新潟日報 メディアシップ」の展望フロアで待機する。
東京から来た女性が一人でいたので、新潟の街並みを紹介する。
嬉しそうに「ありがとうございます」と言って帰って行かれた。
今度は二人の男たちがカメラを持って反対側の窓ガラスにへばりついていた。
彼らもレインボータワーを撮影に来たのかと思い、声をかけるが返答がない。
先ほどの女性とは違って不愛想な奴らだと思ったら、電車が来た途端、動きが慌ただしくなった。
あっち行ったり、こっち行ったりとせわしない。
彼らは鉄チャンなんだな。
私も西陽の新幹線をレインボータワーを絡めて撮って見た。
f0373317_19192930.jpg
夕日に映える空の広場。
f0373317_19200989.jpg
弥彦山と信濃川。高層マンションが景観を損ねているのが残念だ。
f0373317_19202502.jpg
再び万代シテイへ戻る。
明日から24時間テレビの中継があるため会場準備に余念がない。
f0373317_19204886.jpg
レインボータワー、お疲れ様。
腹が減ったので駅前の焼き鳥屋で一杯飲み、電車で帰る。
f0373317_19210738.jpg
Canon EOS 7D Mark II EF-S10-18mm f/4.5-5.6 IS STM
F8.0 0.3秒  ISO640 HDR油彩調 20:06  曇りのち晴れ
撮影日 2018.8.24 撮影地 新潟市中央区・万代シテイ


[PR]
by chonger58 | 2018-10-01 19:22 | 建築 | Trackback | Comments(0)

加茂川夏祭り 灯ろう流し

177.png112.png
今日は雨のため片貝花火の撮影に行くのをやめた。
昨日、運動会が行われた栄体育館へ、傘を忘れたので取りに行く。
一日中、ボーとして無駄な時間を過ごしてしまった。

午後6時30分から灯ろう流しが始まる。
炎で燃えてしまう物もある。
夕焼けに染まった加茂川が奇麗だった。
ワイドで撮ったら全然つまらない写真ばかりなので、アップで撮った画像を選んだ。
f0373317_19382166.jpg
f0373317_19383684.jpg
f0373317_19385250.jpg
Canon EOS 7D Mark II EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS USM
F5.6 1/100秒  ISO3200 18:58  晴れ
撮影日 2018.8.14 撮影地 加茂市・加茂川河川敷会場


[PR]
by chonger58 | 2018-09-09 19:40 | 心象風景 | Trackback | Comments(0)

八王子の白藤

173.png122.png114.png
安了寺の白藤は例年5月10日頃が見頃になっているが、今年は連休中の3日頃にピークを迎えたようである。
私が行った11日はすでに花びらが散り始めていた。
f0373317_21073761.jpg
f0373317_21080743.jpg
樹齢300年以上と推定される古木は幹回り約5.3㍍、枝張り東西約28㍍、南北約18㍍、高さ約2.5㍍にもなる。
鉄筋の藤棚もどうにか支えている感じである。
f0373317_21084736.jpg
f0373317_21090480.jpg
この日の夜は寺でインドの古典音楽とオリッシーダンスの舞踊が行われた。
ダンスの方は撮影が禁止だという事で退席した。
外は夕暮れとともにライトアップが始まっていた。
ダンスを見ている人たちは、こんな素晴らしい景色を見る事が出来ない。
f0373317_21093761.jpg
f0373317_21095632.jpg
Canon EOS 7D Mark II EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS USM
F8.0 1秒  ISO640 HDR油彩調 19:18  晴れ
撮影日 2018.5.11 撮影地 燕市八王子・安了寺

追伸
大曲の福勝寺にも30年ほど前に植えた白藤が大きくなり、庭師の方のお手入れで、今では高さ2.3㍍まで育っている。
こちらも今年は連休明け後に散り始め、この日はピークを過ぎていた。
来年また来ることにしよう。
f0373317_21154097.jpg
Canon EOS 7D Mark II EF-S10-18mm f/4.5-5.6 IS STM
F8.0 1/320秒  ISO400 10:32  晴れ
撮影日 2018.5.11 撮影地 燕市大曲・福勝寺


[PR]
by chonger58 | 2018-06-16 21:17 | | Trackback | Comments(0)

加治川治水記念公園

171.png155.png177.png102.png
加治川の土手を降りて、今度は駐車場から疏水百選にも選ばれた加治川用水(派川加治川)沿いの遊歩道を金竜橋周辺へ歩く。
小川のせせらぎを聞きながら、桜のトンネルが実に美しい。
陽光桜を夢心地で見るようにハイキー調に仕上げる。
f0373317_22312262.jpg
ホワイトバランスを2700kにして青系の色を強めた。

f0373317_22464631.jpg
レンギョウ―と桜の競演。
遊歩道はわずかだがライトアップされる。
空の色が奇麗なトワイライトの時間まで待機した。
三脚にカメラを取り付け、内臓ストロボを発光して片手に持ったストロボをワイヤレス発光させた。


f0373317_22572111.jpg

f0373317_22472716.jpg

駐車場へ戻る時に照明灯の明かりだけで撮影したしだれ桜。
寒くなって来たので「あやめの湯」へ入って体を温めてから帰った。

f0373317_22475544.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS USM
F8.0 13秒  ISO1000 19:09  晴れ
撮影日 2018.4.10 撮影地 新発田市真野原・加治川治水記念公園



[PR]
by chonger58 | 2018-04-28 22:37 | | Trackback | Comments(0)

古志の火まつり

177.png131.png103.png
小千谷市でスポーツイベントの撮影仕事が3時頃まであり、帰り際にお天気も良かったから山古志で行われた「古志の火まつり」へ行って見た。
ここへ来たのは記憶にないくらい久しぶりである。
高さ25m級の「日本一のさいの神」に新成人が点火を行い、その年の無病息災・五穀豊穣及び震災からの復興を祈願するお祭りである。

会場付近の駐車場は満車のため、集落の一番はずれの駐車場に入れさせられる。
そこからシャトルバスで送迎してもらった。
すでに三脚を立てて待機しているカメラマンが大勢いる。
きっとそこから撮ればいいアングルなのだろう。
私も同じ場所でロケハンして見たが、時すでに遅く、前の人の頭が入ったり、電線が邪魔だったりで思ったような場所ではなかった。
しばらくいろいろ歩いて誰もいない雪の山に三脚を立てる事にした。
さいの神を真横から撮れる場所である。

18時頃から雪の山にろうそくが灯される。
f0373317_23124833.jpg

いよいよ開始と思われたが、空がまだあかるいため、昨夏に急死した元山古志村長の長島忠美さんを追悼する、白一色の花火「白菊」の打ち上げを30分ほど遅らせた。
それによってさいの神点火式も遅れていく。
天気も暖かかったので、廻りの人と写真談義してたら待ち時間も苦にならなかった。

18時半ごろ、新成人が松明をかかえてさいの神へやって来た。
低い位置から真横なのでこんなアングルになってしまう。
太鼓を叩いている姿を0.4秒のシャッタースピードで撮って見た。そりゃ、ブレるわなあ。
f0373317_23132332.jpg
点火してしばらくすると大空に尺玉花火が打ちあがる。
標準ズームしか持ってこなかったので、おおよその検討で構図を決めていたが、花火が大きすぎて画面に入らなかった。
f0373317_23135042.jpg
こりゃいかんと思い、縦位置構図に急いで変更した。
それでもやっぱりフレームアウトしてしまった。
花火は広角レンズじゃないとだめだね。
f0373317_23142102.jpg
DPPで多重合成ツールを起動すると、ISO感度を変更して撮影してた画像が混じっていた場合、RAW画像の合成が出来ない事が、本日やっと分かる。
これって不便だよなあ。キャノンってこんなところが嫌いです。

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS USM
F7.1 1/6秒  ISO200 4枚の画像を比較(明)合成 18:40  晴れ
撮影日 2018.3.10 撮影地 長岡市山古志種苧原(たねすはら)・四季の里古志特設会場(あまやち会館下)


[PR]
by chonger58 | 2018-04-04 23:16 | 心象風景 | Trackback | Comments(0)

夜景遺産

173.png177.png136.png122.png
夜景を撮ろうと思い、メディアシップの20Fへ行く。
ここからの景色は全国の夜景遺産に選定されている。

展望回廊には2017年日報写真コンテストの入賞作品が展示されていた。
知人カメラマン4人の作品があった。
この写真展を見ると人物スナップは被写体の良い瞬間を黙って撮っているものが多い。
カメラマンは肖像権の事を気にしてか、目線外しや後ろ姿の写真ばかり撮っている。
審査する側も顔の超アップな写真は選んでいない。
人物スナップは出会いの瞬間に物語を感じるように撮るためには黙って撮るしかない。
そこで声をかけてしまってはポートレートの撮り方になってしまう気がする。
どちらが本当に良いのか答えは出ないが、最後はその時の現場でカメラマンが判断するしかない。

さて夜景の時間がやって来た。
しかし残念な事に三脚が使えない看板を見つけてしまう。せっかく持ってきたのになあ。
f0373317_11171931.jpg
静岡から一人旅で来た男性が「これから長岡に行きたいのですが」と聞いて来た。
「夜景を見て古町で美味しいもの食べて新潟で泊った方が無難ですよ」と私は答える。
彼の決断はどうしたかは知らない。

三脚が使えないと当たり前だが良い写真は撮れない。
朱鷺メッセと柳都大橋
ガラスの反射を抑えるため忍者レフを使っているが写り込んでしまった。
f0373317_11175791.jpg
万代シテイとレインボータワー
f0373317_11181853.jpg
萬代橋
EOS 7D Mark IIはオリンパスのようなライブコンポジット撮影機能がない。
三脚が使えないからHDRで手持ち撮影している。
せっかくの夜景遺産ポイントなのだから、三脚禁止なんかにしないでほしい。
むしろ三脚が使える場所だけコーナーを作り、有料席を作ってもらいたいものである。
カメラメーカーも絶対手振れしないカメラを作って欲しいね。
f0373317_11185217.jpg
Canon EOS 7D Mark II EF-S10-18mm f/4.5-5.6 IS STM
F5.6 1/13秒  ISO6400 HDRグラフィック調 17:09 曇り
撮影日 2018.1.7 撮影地 新潟市中央区・新潟日報メディアシップ20F



[PR]
by chonger58 | 2018-02-08 11:20 | 風景 | Trackback | Comments(0)

粟ヶ岳残照

174.png147.png138.png
もしかすると山が焼けるかもしれないと思い、2時間近く待機していた。
富士山のような赤富士を期待する。
だが、真っ赤にはならなかったので、DPP4の色調整ツールパレットで彩度を上げてみた。
f0373317_22414519.jpg
f0373317_22415704.jpg
f0373317_22421320.jpg
Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS USM
F11 1/125秒  ISO400 ピクチャースタイル(TWILIGHT) 16:14  晴れ
撮影日 2017.11.28 撮影地 三条市長野・三条地域水道用水供給企業団の近くから


[PR]
by chonger58 | 2018-01-13 22:42 | 風景 | Trackback | Comments(0)

心の夕景

146.png114.png
栄地区の小学校へ委員会の集合撮影に行った帰り、ちょうど夕日が出そうな時間になったので六ノ町河川緑地近くで待機した。
信濃川と五十嵐川が合流するあたりは、ススキがたくさんあり街の撮影スポットでもある。
朝陽は早起きしないとだめだから、夕陽の方が狙いやすい。
陽が暮れるとすっかり寒くなった。
f0373317_19502435.jpg
f0373317_19504901.jpg
f0373317_19511217.jpg
f0373317_19513007.jpg
Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS USM
F8.0 1/5秒  ISO640 17:00  晴れ
撮影日 2017.11.27 撮影地 三条市・六ノ町河川緑地附近


[PR]
by chonger58 | 2018-01-05 19:54 | 風景 | Trackback | Comments(0)