2018年 01月 31日 ( 2 )

ジェロの海雪

176.png155.png122.png106.png
昨日、NHK総合テレビの『うたコン』にジェロが久しぶりに出演した。
あのヒット曲「海雪」を熱唱したのである。
出雲崎夕日ライン橋から尼瀬の漁港を望むと、この曲をいつも思い出す。
この日は群馬からのカメラマンも来ていて、吹雪の中、二人で写真を撮っていた。
午後5時を過ぎると橋の街灯がついて欄干の影が海に映ってしまう。
撮影はその前の時間帯が良い。
レンズに雪がつくからブロアーで吹き飛ばしながら悪戦苦闘した。寒かった!
f0373317_23100683.jpg
Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS USM
F8.0 1/2秒  ISO640 ストロボ580EX-Ⅱ 16:49  曇りのち雪
撮影日 2018.1.2 撮影地 出雲崎町・夕日ライン橋

下の写真は合成である。
雪が止んでしまったので上の画像から自動選択ツールを使い、特定の雪を選んでその近似値に合わせてコピー&ペーストして見た。
この漁港は雪景色の夜景が似合う。
f0373317_14394961.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS USM
F8.0 6秒  ISO640 ストロボ580EX-Ⅱ 17:09  曇りのち雪
撮影日 2018.1.2 撮影地 出雲崎町・夕日ライン橋






第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by chonger58 | 2018-01-31 23:11 | 風景 | Trackback | Comments(0)

出雲崎 石井町の獅子舞

176.png167.png130.png
獅子舞は木折町辺りで折り返し、3時ころから地元の町内で舞う事になる。
絞りF5.6だと看板の文字がボケて見える。シャープネスをあげて文字も読めるように仕上げた。
f0373317_16183797.jpg
傘に降り積もった雪が奇麗だったから、獅子が出てくるまでそこにいて下さいとお願いした。
するとスマホを持った人が現れてしまった。
コンデジは売れなくなり、今は誰もがスマホでカメラマンの時代だから邪魔だとは言えないよね。
f0373317_16191330.jpg
獅子が舞ってる背景に太鼓がある。
これが私の好きな獅子舞写真の撮り方だ。カメラマンが大勢だと、こんな感じには撮れない。
f0373317_16194226.jpg
スナップ写真は演出させる事も時には必要だと私は思う。
地元町内だから、良寛堂の前で踊ってもらいたいものである。
そこで私は若い男性にお願いして、子供たちから良寛堂の前で立っていてもらった。
獅子が通り過ぎたので、「ここで踊ってもらえませんか」と言ったら、長老らしき方からダメ出しをくらった。
その時はとても残念だったが、今考えてみれば、踊りの進行を自分が妨害するような行為だったのかもしれない。
獅子舞はカメラマンのための祭りではなく、住民の人たちのお祭なのだ。
良い写真を撮ろうと思い込みすぎると、廻りの人に迷惑が掛かってしまう事を気づいた。反省。
では、イメージしたような構図で2枚の写真を合成する事にした。
当然ながら合成写真はフォトコンテストに使えない。
f0373317_16204305.jpg
雪が降っているから良い写真が撮れると思っても、厄介な問題がある。
赤丸の所にあるような降雪がボケとなって被写体に被ってしまうのだ。獅子の鼻の辺りにも写っている。
ストロボを使えばもっと廻りの雪を拾ってしまう。
小さいものはスポット修復ブラシツールで消せるが、こんなに大きくなってしまうと難しい。
学校の卒業式や入学式の集合写真を撮ると空気中の塵や埃がストロボに反射して白いオーブが出てしまう。
同じように降雨や降雪時も注意しなければいけない。
f0373317_16211101.jpg
階段の上には石井神社がある。
私には登っていく元気がないので、降りてきた所を待ち伏せした。
f0373317_16212993.jpg
本日の獅子舞は終了である。
出雲崎では翌3日、11日、15日も行われた。
f0373317_16214935.jpg
良寛さんも皆さんをねぎらっていられる事でしょう。
f0373317_16221283.jpg
Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS USM
F7.1 1/640秒  ISO3200 11:14  曇りのち雪
撮影日 2018.1.2 撮影地 出雲崎町・良寛堂





第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by chonger58 | 2018-01-31 16:23 | スナップ | Trackback | Comments(0)