長岡市・平和像

174.png136.png134.png119.png
今日は12月2日。今朝はネズミの音で目を覚ます。良い天気だったので午前中は、二連梯子で屋根に上がり、軒下を修理する。高い所が怖くても自分がやらなければならない。
次はネズミの駆除。容器に水を入れると煙が出て来る商品を買ったのだが、これが凄い煙になり、目が開けられない。
午後はガスコンロが痛んでいたので新しい商品を買いにHCまで行く。古い商品は無料で引き取ってくれて助かった。
最後は粗大ゴミを整理して風呂に入った。ついでに洗面所の商品ボックスも風呂に入りながら洗う。
年末の大掃除は、今から少しづつやっておかないと大変な事になる。

10月16日、カメラの修理が完了したので長岡まで引き取りに行った。
シャッターユニットの交換で5万円ほどかかってしまった。(泣)
帰り道、気分転換に町を散策した。
平和の森公園という所へ初めて来てみた。
2012年に公開された大林宣彦監督作品『この空の花 ─長岡花火物語─』のロケ地になった場所である。
なかなか場所がわからず、やっとたどり着いたという感じだ。
昭和20年8月1日長岡市はB29の空襲を受け市街地の80%を焼かれ、死者は1,453人(うち児童教職員193人)にものぼった。
昭和26年11月、県内の教職員らを中心に、資金カンパが行なわれ、平和像がつくられた。
昭和49年に悠久山公園に移転、59年に明治公園に移り、平成8年に平和の森公園に設置された。
f0373317_19480812.jpg
f0373317_19482473.jpg
f0373317_19483736.jpg
Canon EOS 7D Mark II EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS USM
F8.0 1/160秒  ISO500 14:13  晴れ
撮影日 2018.10.16 撮影地 長岡市本町3・平和の森公園


by chonger58 | 2018-12-02 19:50 | 歴史 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chonger58.exblog.jp/tb/30197667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 蔵王堂城 燕市美術展 >>