燕三条 工場の祭典➄

176.png166.png105.png
翌日、工場の祭典にまた出かけた。
朝1番に伺ったのは有限会社 梅心子。
名前が必殺仕事人みたいでかっこいい。
江戸時代から250年以上にわたり、手作りで小刀や彫刻刀を製造している。
初代、梅田小右衛門が「梅心子圀光小刀」を市場に出し、その子の常次郎が刀匠・栗原信秀から焼き入れ技術を学び、「梅心子はよく切れる」と高く評価された。
現在は7代目の梅田効作さんが家業を継いでいる。
梅田さんは私の中学、高校の野球部の2つ先輩になる。だから今でも町で会えば「こんにちは」と挨拶を交わしている。
高校野球の審判もするくらい野球が大好きな人だ。
私と野球談議をすれば永遠に名勝負を語るので、いつまでたっても話が尽きない。
野球の話で盛り上がり、他の工場見学の人の迷惑になりそうなのでそろそろ帰ります。(笑)
f0373317_13223076.jpg
f0373317_13225023.jpg
f0373317_13230960.jpg
f0373317_13232668.jpg
Canon EOS 7D Mark II シグマ18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary
F5.0 1/100秒  ISO1600 10:45  曇り時々雨
撮影日 2018.10.7 撮影地 三条市島田・有限会社 梅心子


by chonger58 | 2018-11-17 13:24 | スナップ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chonger58.exblog.jp/tb/30169361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 燕三条 工場の祭典➅ 胎内観音 >>