雨生の大蛇祭~ステージイベント~

166.png169.png113.png136.png
10月4日と5日、三条市内の小学校が集まって音楽祭が行われた。
私は初日だけ、写真屋さんの助っ人で卒アル用の撮影に行って来た。
いつものケーブルTV局もスタンバイしている。
会場は保護者の方でも撮影が禁止になっている。
せっかくカメラやビデオを持ってこられているのに皆さん残念そうだった。
だったら私たちがしっかり撮ってあげなければならない。
今回、カメラが1台、病院送りになっているから、シグマの18-300mmの高倍率ズームをつけたもう1台のカメラのみで撮影した。
リハーサルでは、問題なかったのだが、本番になると照明が暗くなった分、AF作動が遅くてピントが素早く合焦しないのだ。
出来るだけコントラストの高い場所を狙って、なんとか午前の部を撮り終える。
午後の部はお昼休憩の間に家へ戻り、キャノンの18-135mmと100-400mmのレンズを持って来た。
カメラが1台なので三脚に付けた望遠レンズと標準ズームのレンズを付け替えしながら撮影する。
暗がりなので結構大変な作業だ。
それでもシグマの高倍率ズームとは比べ物にならないくらい、素早くAFが合焦するからピンチを脱した。
6月に購入したシグマの18-300mmレンズは、屋外での撮影ばかりで使っていたため、今回のような音楽会場で使うのは初めてだった。
結果として、このレンズでは屋内のライブや体育館での運動会などには不向きであると感じた。
だがここは一度、点検してみるのも対策と思い、本日、カメラ屋さんからシグマ会津工場に送ってもらう事にした。
さて、シグマからどんな回答が来るか期待したい。

雨生の大蛇祭では楽しいステージイベントが始まっている。
午後1時30分から、雨生の大蛇の子どもと言われる五十嵐小文治が投げた石が、数百m離れた神社の大杉に当たったと云う伝説がある。
それにちなみ、石投げコンテストが行われた。
f0373317_18051736.jpg
f0373317_18053157.jpg
午後4時30分、奈々さんのライブが始まる。
2006年、長岡会場で行われた「HNKのど自慢」ではチャンピオンになっている。
雨が降ってきそうな雲行きだったが、彼女の歌で何とか持ち直す。
f0373317_18055411.jpg
f0373317_18060863.jpg
午後5時30分、鈴と御幣を手に竜神が昇天の舞を披露する。
胴体を切り離された大蛇は会場に積み上げられ、火をつけられる。
f0373317_18062839.jpg
f0373317_18064493.jpg
f0373317_18070018.jpg
炎を見ると人は興奮するものだ。
この後、ステージで踊るよさこいのメンバーたちが、嬉しそうにはしゃぎ廻っていた。
f0373317_18071776.jpg
Canon EOS 7D Mark II EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS USM
F5.6 1/640秒  ISO640 17:40  曇り時々晴れ
撮影日 2018.8.25 撮影地 三条市下田地区・五十嵐川河川公園


[PR]
by chonger58 | 2018-10-09 18:07 | スナップ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chonger58.exblog.jp/tb/30095278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< しただふるさと祭り~よさこい~ 雨生の大蛇祭~メイン会場~ >>