立教大対三条高

176.png136.png148.png
8月9日から12日まで第4回大学野球サマーリーグが開催された。
1・2年生を主体とした7大学(慶應、早稲田、明治、立教、筑波、東洋、新潟医療福祉)が夏合宿を兼ねて実践経験を積む。
11日は三条高校が立教大学と交流試合(無料)を行うので応援に行って来た。

ノックする三条高の平澤監督
f0373317_18465136.jpg
試合開始
昨日、第12回 BFA U18アジア選手権に出場する侍ジャパンU-18代表が神宮球場で大学日本代表と壮行試合を行なった。
大阪桐蔭や金足農業などの人気選手が集まった事で2万5000人もの大観衆が球場に詰めかけた。
残念ながらサマーリーグの交流試合は三条高の保護者くらいが見に来ている程度である。
一般のお客さんで満員にするには三条市内の高校が甲子園で優勝するしかない。
f0373317_18471231.jpg
f0373317_18472761.jpg
立教大の先発は佐山(1年)
f0373317_18474512.jpg
三条高の先発は熊倉(2年)
f0373317_18480264.jpg
盗塁失敗
f0373317_18481955.jpg
立教大先制
f0373317_18484289.jpg
選手交代を告げる蒲谷助監督
立教大学時代は四番打者として活躍し、法政大の江川卓投手と対戦している。
社会人野球の大丸(京都市)では阪神の小林繁投手がチームメートだった。
その後、地元群馬県内の高校野球指導者として、育成功労賞を受賞。
2014年から立教大学野球部助監督に就任している。
f0373317_18485836.jpg
三条高の4番井上選手(2年)
1年生の時から4番を打つ。
得点圏チャンスで空振りの三振に倒れた。
この場面はファーストストライクを見逃した事がすべてである。
ツーストライクから落ちる変化球を振ってしまえば、打てるはずがない。
初球から打つ積極性が欲しかった。
f0373317_18491734.jpg
ツーベースヒットで立教大が11点目。
f0373317_18493332.jpg
2時間制限の特別ルールのため試合終了。
三条市は高校野球強化のため行政がもっと応援してほしい。
金足農業のように強いチームが出来れば、必ず街おこしができる。
f0373317_18495347.jpg
Canon EOS 7D Mark II シグマ18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary
F5.6 1/1000秒  ISO1600 10:06  曇り時々雨
撮影日 2018.8.11 撮影地 三条市・三条パール金属スタジアム


[PR]
by chonger58 | 2018-08-29 18:50 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chonger58.exblog.jp/tb/30018751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 早慶戦 応援合戦 第14回三条夏まつり  三小相承会 >>