中越対長岡商

174.png166.png114.png140.png
15日、痛風の痛みも和らいだので悠久山へ高校野球を見学して来た。
この日は仕事撮影ではないからゆっくりと楽しんだ。
それでも猛暑となって、くつろげる状況ではない。
第一試合は地元長岡勢の対戦となり試合開始1時間前で駐車場は満車になった。
本当に長岡市民は高校野球が好きな人が大勢いる。

中越対長岡商の古豪対決で私が思い出すのは、1974年(昭和49年)の第56回大会、夏の決勝戦である。
長岡商は名将黒田監督で昭和45年に甲子園に出場している。
中越は鈴木監督でまだ甲子園には出場できていなかった。
私は高校1年生だった。
野球部の練習を中断して監督がTV中継を見させてくれた。
中越の四番は三条一中の出身で私の先輩である。
絶対優勝して甲子園に行ってもらいたいと必死に応援していた。
試合は2対2で迎えた8回裏、長岡商の攻撃。二死2塁で次打者の打球は二遊間にゴロが飛んだ。ショートの送球がライト側へそれセーフの判定となる。
その隙に2塁走者がホームへ駆け込み、決勝点を上げたのである。
これが機動力の黒田野球と絶賛され長岡商が2度目の甲子園出場を果たしたのである。
中越の甲子園初出場はそれから4年後の事になる。

中越・本田監督
f0373317_11502042.jpg
長岡商・佐藤監督
44年前のユニフォームは左袖にCnの文字があり、ズボンも1本ラインであった。
新しいデザインは左袖に長岡の文字、ストッキングはオレンジのままで甲子園出場2回を記念した黒線が入っている。
f0373317_11503538.jpg
試合開始。
f0373317_11505972.jpg
中越の先発は背番号19の佐藤雅(3年)
f0373317_11512110.jpg
長岡商の先発はエース目黒(2年)
f0373317_11513922.jpg
中越は四回裏に三番坂井の三点本塁打が出て7-0とリードを広げた。
f0373317_11515776.jpg
長岡商の円陣。
f0373317_11522418.jpg
f0373317_11524132.jpg
校歌
雪深し その簡浄 しののめの 光さしつつ 学ぶべし 確かなる智慧 若き今日 眉上げん 長岡 歴史あり われら学ぶ 中越高等学校
f0373317_11525656.jpg
試合結果
f0373317_11531223.jpg
Canon EOS 7D Mark II EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS USM
F7.1 1/200秒  ISO250 11:44  晴れ
撮影日 2018.7.15 撮影地 長岡市・悠久山野球場


[PR]
by chonger58 | 2018-07-17 11:54 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chonger58.exblog.jp/tb/29937968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 三条東、ひまわり咲かず! 修学旅行 >>