水郷の花嫁さん

175.png162.png110.png
今日は朝から日本列島の大雨被害の様子や地下鉄サリン事件、坂本堤弁護士一家殺害事件などでオウム真理教の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)の刑が執行されたと云うニュースが慌ただしく放送された。そんなテレビを見て幼稚園の七夕行事の撮影に向った。

明日は高校野球新潟県大会開会式の撮影である。雨が心配されるが、なんとか開催できるように祈りたい。

先月10日、小阿賀野川を渡し船で4キロほど下るイベント「水郷の花嫁さんは船で行く」嫁入り船復活プロジェクトが行われた。
今年で5回目だが私は初めての撮影である。
とりあえず撮影ポイントを探すため、あちこち車で移動。結局、最初は小阿賀橋の上から撮る事にした。
f0373317_23225378.jpg
昨年結婚したお二人は木津渡し場広場に船が到着すると、大勢の見学者に祝福され、新聞記者にも取材された。
f0373317_23232090.jpg
私はブライダルの仕事撮影をする時に、よく二人でハートマークを作らせる。
今日は専属カメラマンではないけれど「ハートマーク作ってください」とお願いしたらやってくださった。
趣味の写真でも良い写真を撮りたいものである。
f0373317_23234146.jpg
今度は北方博物館へ移動する。
横越コミュニティ協議会が主催する写真コンテストがあるため、カメラマンの数も半端ない。
f0373317_23240286.jpg
人力車で周辺を2周する。
f0373317_23242405.jpg
ちょうどこのあたりで観光バスが待機しており、乗客から祝福の声がかけられた。
先日、他のカメラマンから見せてもらった写真はそのバスの様子も写されていた。
同じ場所にいながらまったく狙っているところが違う。それが写真の面白さである。
f0373317_23244188.jpg
この写真は人力車の俥夫(しゃふ)が目つぶりしていたのだが、画像加工で目を開けさせている。
f0373317_23250747.jpg
血眼になってカメラマンたちが右往左往する。
「おーい、邪魔だ」「こっちから撮れ」などと怒号が響く。
新郎新婦も困惑気味だ。
女性カメラマン達から「やさしくしようよ」との声が聞こえた。
まったくその通りだね。
てんで気ままに撮影しているから、現場が混乱してしまうのだ。
撮影会ともなれば、やっぱり仕切り役が必要になる。
これに懲りず、来年も是非実施していただきたい。
f0373317_23253846.jpg
無事、北方博物館に戻って来た。
これから式典に向かわれます。
お二人とも、本当に疲れ様でした。
末永くお幸せに!
f0373317_23260185.jpg
Canon EOS 7D Mark II EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS USM
F6.3 1/320秒  ISO400 12:08  曇り
撮影日 2018.6.10 撮影地 新潟市江南区・北方博物館

[PR]
by chonger58 | 2018-07-06 23:28 | スナップ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chonger58.exblog.jp/tb/29918264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 木津薬師 奥の院三柱の鳥居 二宮家のバラ園 >>