本成寺 節分鬼踊り 1回目

166.png176.png155.png149.png
今日はお雛さま。良いお天気で一気に雪解けが加速する。

1ヶ月前は本成寺で節分鬼踊りが行われた。今年は1月に放火事件があったりして開催が心配されたが無事済んで良かった。
午後1時開始なのだが、本堂は9時過ぎの時点で早い人達が場所取りをしている。
テレビ局はスポンサーだから一番良い席で撮影できるが、報道関係のカメラマン達は自分で場所を確保しなければならない。
いつもの柱の場所がすでにテレビ局に占領されていたので、今年は赤丸の位置で撮る事にした。
ここなら豆を撒く管長さんや国会議員を撮れるかもしれない。
始まるまで4時間近く冷えきった本堂でひたすら待つ。
1番厄介なのがトイレの心配である。頻尿の私は尿もれパットを前日に買って、試してみたのだがどうも股間が重くなって気持ちが悪い。
結局、当日は使用せず、何度も何度もトイレに行っていた。
それからもう一つ。時間まで喋る相手がいないのでたいくつになる。
無理やり隣の家族を巻き込んで談笑せざるをえない。
11時頃になる客殿の福豆を買った参拝客が粗品を抱えてたくさん本堂に集まり、だいぶ場所も埋まって来た。
そこへ顔見知りの新潟日報のカメラマンがやって来た。
なかなか良い場所が見つからない様子だったので「俺の後ろでよかったらどうぞと」手招きする。
「ちょっと出遅れました。助かります」と答えてくれた。撮影現場は譲り合いの精神が大切なのです!
f0373317_15512922.jpg
鬼踊りは開始前のお経が長く、鬼が登場するまで30分近く待つのである。
ようやく本堂にナレーションが流れ、僧兵が口上を述べて長刀を振るった。
f0373317_15520434.jpg
朝から待つこと4時間あまり。ついに最初の鬼が登場した。
f0373317_15522453.jpg
三途川婆もやって来た。
f0373317_15524765.jpg
この位置だと決めポーズは後ろ姿になってしまう。
f0373317_15531998.jpg
でもちょっと鬼が振り向くと迫力ある写真が撮れる。
実はこの赤鬼は元画像が黒鬼である。
私の後ろにいた新潟日報のカメラマンが、翌日の朝刊に舞台下の子供に黒鬼が斧の柄を突き刺してる写真が掲載されている。
黒鬼だと背景に溶け込んでしまい、赤鬼の方が写真映えするかと思って画像加工の練習をして見た。
f0373317_15534057.jpg
鬼踊りの途中では子供が抱きかかえられ、大きな鳴き声が響いた。
f0373317_15541078.jpg
門谷日悠管長の合図でいっせいに豆が撒かれた。この画像は午後1時48分である。
残念ながら来賓の人たちは僧兵の姿で隠れてしまった。
来年は魚眼レンズで撮った方がよさそうである。
f0373317_15544476.jpg
鬼たちは改心の鐘を鳴らしに鐘楼堂へ向かう。
まるでアイドルのように子供たちに出迎えられた。
f0373317_15552032.jpg
Canon EOS 7D Mark II EF-S10-18mm f/4.5-5.6 IS STM
F6.3 1/320秒  ISO800 13:56 曇り一時雨
撮影日 2018.2.3 撮影地 三条市西本成寺・法華宗総本山本成寺






小さい春、みーつけた!



[PR]
by chonger58 | 2018-03-03 15:57 | スナップ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chonger58.exblog.jp/tb/29626528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 本成寺 節分鬼踊り 2回目 新潟ジャズストリート 澁谷知里... >>