曽根神社

169.png162.png111.png
曽根神社は平安時代中期、延喜年間(901~922)に曽根村見帯の地に鎮座されていたとの伝えがあり、その後、永禄三年(1560)に諏訪大社より分霊を仰ぎ、現在の地に遷したと言われます。
かつては国体相撲競技にも使われた立派な土俵や社殿の前には市指定天然記念物で樹齢450年の大欅の大木がそびえ立っています。
この地域で行われる「西川まつり」は、曽根神社の秋季神幸式大祭に合わせ、8月末の金曜から日曜日にかけて開催されます。
ちょうど氏子の方々が用事で来ておられたので拝殿の天井画を見せてもらいました。
広角レンズを使い、ストロボ2灯で前と後ろからライティングしています。
最初は一人ずつ交互に撮影していましたが、ここは二人の方が良い写真になると思いつきました。
私は寝ころんで撮影しています。
「ちょっと指差しして下さい」とお願いしました。
桑山諏訪神社の天井画は見れませんでしたが曽根神社で思いがけない物が見れて良かったです。
f0373317_08593885.jpg
せっかく神社に来たのだからお賽銭をあげてお参りしなくてはいけませんね。
すこし俯瞰気味のアングルから顔が暗くならないようにストロボを左右2灯照射しています。
こんな時、アシスタントがいると手持ちで持ってくれるので助かります。
f0373317_09000950.jpg
今度は神社を背景に望遠レンズで全身カットを撮りました。
レンズが重いので一脚を使っています。
ジャンプしてる所をハイスピードシンクロでストロボを同調させましたが、私とのタイミングが合いません。
モデルさんが今度は自分でポーズを取りました。偶然写せたベストショットです。(^_-)-☆
ここでは40分ほど撮影して最後は「にしかわふれあい公園」へ向かいました。
f0373317_09003811.jpg
Canon EOS 7D Mark II  EF70-200mm f/2.8L IS II USM
F2.8 1/8000秒  ISO200 10:20  曇り時々晴れ
ストロボ600EX-RT+580EX-Ⅱ+YONGNUO YN-622Cラジオスレーブ
ピクチャースタイル:ポートレート
撮影日 2017.11.12 撮影地 新潟市西蒲区・曽根神社


[PR]
by chonger58 | 2017-12-14 09:03 | ポートレート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chonger58.exblog.jp/tb/28867210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< にしかわふれあい公園 諏訪大橋 >>