タグ:祭り ( 58 ) タグの人気記事

山鳩コンサート②

emoticon-0108-speechless.gifemoticon-0137-clapping.gifemoticon-0139-bow.gifemoticon-0150-handshake.gifemoticon-0159-music.gifemoticon-0165-muscle.gifemoticon-0170-ninja.gif
次は車切り、露払い、奴ねり歩き。
f0373317_205123.jpg

f0373317_20514946.jpg

f0373317_20521731.jpg

この日のために、三条先供組合による先供練り歩き。
三条祭り以外で見たのは初めてである。
f0373317_20552254.jpg

f0373317_20555471.jpg

α6000 Vario-Tessar T*E 16-70mm F4 ZA OSS
F6.3 1/60秒  ISO1600  10:57 雨のち曇り
撮影日 2017.2.11 撮影地 三条市元町・三条小学校
[PR]
by chonger58 | 2017-03-07 20:58 | スナップ | Trackback | Comments(0)

森町集落ドンド焼き

emoticon-0100-smile.gifemoticon-0104-surprised.gifemoticon-0107-sweating.gifemoticon-0112-wondering.gifemoticon-0128-hi.gif
今日は来年の干支である戌年にちなみ年賀状のデータ集で使う犬の撮影のため新潟市まで行って来た。
ワンちゃんを紹介して下さった方とご協力頂いた飼い主の方のおかげでとてもよい写真が撮れた。
どうも有難うございました。

1月14日に予定していた森町集落ドンド焼きは大雪の影響で2月5日に延期された。
白鳥の郷公苑そばには高さ6㍍、直径5㍍ほどのカヤで覆われたさいの神が作られた。
f0373317_2025578.jpg

午前11時、約200人ほどの見物客を前に青年団体の代表がたいまつをさいの神に差し入れる。
f0373317_2030464.jpg

真っ赤な炎が燃え上がり、竹の底が抜けるとパーンという破裂音がする。
f0373317_20332354.jpg

あっという間に炎が弱くなった。
f0373317_203553.jpg

長さ2㍍の竹ざおにスルメをくくりつけ炎であぶる。
これを食べれば風邪など引かないと言われている。
公苑前のテントでは甘酒がサービスされ、とても美味しかった。
f0373317_20395752.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F8.0 1/2500秒  ISO640 11:06 曇り
撮影日 2017.2.5 撮影地 三条市森町・白鳥の郷公苑附近




※告知
可愛いワンちゃんのモデルを募集しています。写真コンテストや雑誌の掲載などで、作品制作にご協力いただける方はご連絡ください。
mail

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
岡田昭彦(オカダアキヒコ) 
新潟県三条市在住
携帯:090-2485-6781
e-mail:chonger48@gray.plala.or.jp
ブログhttp://chonger58.exblog.jp
全日本写真連盟新潟県央支部所属
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
[PR]
by chonger58 | 2017-03-02 20:45 | スナップ | Trackback | Comments(0)

西鱈田小学校さいの神まつり

emoticon-0107-sweating.gifemoticon-0112-wondering.gifemoticon-0138-thinking.gifemoticon-0141-whew.gifemoticon-0147-emo.gif
日曜日にライブがあり、月曜から2000枚以上の画像データをセレクトし、色調整などの編集作業をして、本日やっと納品する事が出来た。
頭は痛くなるし肩は凝る。今日はゆっくり休もう。

さてその前に1月15日に行なわれた西鱈田小学校の「さいの神まつり」を紹介する。
この学校では小正月の恒例行事となっており、地元の「ほんじょうじほなみコミュニティ」と同校PTAが共催している。
高さ6㍍丈のジャンボサイズが1基、1・5㍍丈のサイズが3基作成された。
f0373317_2222229.jpg

始めにかつて地元の予祝行事だった「モグラ追い」のわらべ歌を子供達が歌う。
午後2時過ぎ、校長先生やコミュニティの会長らが4基の塔に点火した。
f0373317_22104586.jpg

火の勢いが強まってきた。
f0373317_22121432.jpg

竹の底が抜ける「パーン」という破裂音が辺りに響く。
f0373317_22141492.jpg

そろそろ火が消えてきた。
f0373317_22163818.jpg

大きな塔は3分足らずで陥落した。
f0373317_22181418.jpg

火が小さくなるように作業する。
f0373317_22204034.jpg

残り火で子供達がスルメを焼く。私も美味しく頂きました。
f0373317_22222548.jpg

f0373317_22231232.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F8.0 1/320秒  ISO500 14:19 晴れのち曇り
撮影日 2017.1.15 撮影地 三条市・西鱈田小学校


[PR]
by chonger58 | 2017-02-16 22:28 | スナップ | Trackback | Comments(0)

献灯祭

emoticon-0103-cool.gifemoticon-0113-sleepy.gifemoticon-0127-lipssealed.gifemoticon-0141-whew.gifemoticon-0164-cash.gifemoticon-0171-star.gif
神明宮の太々神楽が終ってから今度は八幡宮へ移動する。
三脚を担ぎながら雪道を30分ほど歩いた。
3日連続で降り続いた雪のため歩道はかなりの悪路になっていた。
毎年撮影させてもらっている露天商の縁起物を撮る。
f0373317_21204045.jpg

今年は達磨が撮れなかったのでスルメを焼いていた人から写真を撮らせてもらう。
店を終えた侍ラーメンの店長が正月飾りのしめ縄を持ってやって来た。
f0373317_21262762.jpg

八幡宮の裏手にある金山神社は鍛冶関係の事業繁栄を願う。
f0373317_21382094.jpg

この神社では六百五十匁(もんめ・約2.4㌔)のロウソクだけが79本奉納された。
全部に火が点くと火災の心配があるので、フォトショップで合成する。
f0373317_2141213.jpg

八幡宮の献灯祭は江戸後期の安政年間に三条の豪商たちが大ロウソクを奉納したのが始まりで150年以上の歴史がある。
最大は八貫目(30㌔)のロウソクが2本、次に5貫目((18・75㌔)が32本、三貫目(11・25㌔)が1本の計35本が拝殿に並んだ。
f0373317_22173492.jpg

以下の2枚も炎を合成している。
f0373317_22181566.jpg

f0373317_221846100.jpg

α6000 Vario-Tessar T*E 16-70mm F4 ZA OSS
F8.0 1/5秒  ISO1250  0:05 雪
撮影日 2017.1.15 撮影地 三条市八幡町・八幡宮


[PR]
by chonger58 | 2017-02-14 22:25 | 心象風景 | Trackback | Comments(0)

出雲崎・獅子舞

emoticon-0103-cool.gifemoticon-0104-surprised.gifemoticon-0107-sweating.gifemoticon-0125-mmm.gifemoticon-0141-whew.gifemoticon-0159-music.gifemoticon-0165-muscle.gifemoticon-0167-beer.gifemoticon-0169-dance.gif
新春恒例の獅子舞が出雲崎で行なわれた。2日は9つの町内会が集落の各家庭を回って無病息災を願ったはずだ。
カメラマンも大勢来ていたに違いない。
私は都合で3日の日に来ていた。この日は住吉町ともう1つの町内しか出ていなかったようだ。
午後になったらカメラマンは自分だけである。
背景に目障りなカメラマンがいないから傑作写真が撮れると思ったのだが、人手がいないせいなのか獅子舞の盛り上がり方がちょっと寂しい気がした。
やっぱり2日に来た方が良かったかもしれない。
f0373317_21134535.jpg

f0373317_21144628.jpg

f0373317_21152937.jpg

f0373317_21161071.jpg

f0373317_21163172.jpg

f0373317_21165587.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F8.0 1/250秒  ISO500 ストロボ580EX-Ⅱ調光補正なし 13:45 曇り時々晴れ
撮影日 2017.1.3 撮影地 出雲崎町・良寛堂前



[PR]
by chonger58 | 2017-02-01 21:25 | スナップ | Trackback | Comments(0)

公民館芸能まつり

emoticon-0102-bigsmile.gifemoticon-0111-blush.gifemoticon-0135-makeup.gifemoticon-0136-giggle.gifemoticon-0137-clapping.gifemoticon-0139-bow.gifemoticon-0159-music.gifemoticon-0169-dance.gif
市内各公民館で活動している団体のみなさんが一同に集まって芸能発表会が行なわれました。
画面比率はHVサイズにトリミングしています。

第1部
ポーライライ(フラダンス)・ハイビスカスの会
f0373317_1252131.jpg

南部大黒舞(民舞)・民舞美里会
f0373317_12531838.jpg

華の乱(舞踊)・舞踊サークル麗扇会
f0373317_12543584.jpg

一本道(舞踊)・美幸流鴻扇会
f0373317_12553585.jpg

真室川音頭(民謡踊り)・おどらん会
f0373317_12563081.jpg

学生時代(フラダンス)・ハイビスカスの会
f0373317_12572095.jpg

第2部はカラオケでした。
第3部
お岩木山(舞踊)・美幸流山吹会
f0373317_1259158.jpg

さくらさくら(舞踊)・わくわく文化未来塾 美幸流日本舞踊教室
f0373317_1305056.jpg

さざんかの宿(舞踊)・舞踊サークル麗扇会
f0373317_132502.jpg

舟唄(民舞)・民舞美里会
f0373317_1341019.jpg

新三条音頭(民謡踊り)・おどらん会
f0373317_13524.jpg

α6000 Vario-Tessar T*E 16-70mm F4 ZA OSS
F5.6 1/250秒  ISO2000  11:51 曇り時々雨
撮影日 2016.12.23 撮影地 三条市・中央公民館大ホール
[PR]
by chonger58 | 2017-01-25 13:07 | スナップ | Trackback | Comments(0)

安兵衛しのび義士祭

emoticon-0107-sweating.gifemoticon-0112-wondering.gifemoticon-0129-call.gifemoticon-0131-angel.gifemoticon-0147-emo.gifemoticon-0156-rain.gifemoticon-0160-movie.gifemoticon-0169-dance.gifemoticon-0170-ninja.gif
12月14日、新発田市出身で赤穂浪士四十七士の堀部安兵衛をしのぶ義士祭が長徳寺で行われた。
f0373317_12295389.jpg

長徳寺は1585年に創建された浄土真宗(真宗大谷派)の寺院で、堀部安兵衛の生家、中山家の菩提寺である。
f0373317_1235298.jpg

境内には、安兵衛が新発田から江戸へ発つ際に植えたといわれる松の木(現在は2代目)がある。
f0373317_12362133.jpg

f0373317_12364681.jpg

この日に御開帳された義士堂へ多くの忠臣蔵ファンが押し寄せる。
f0373317_12441352.jpg

堂内には、明治時代の浪曲師、桃中軒雲右衛門(とうちゅうけんくもえもん)が寄贈した赤穂義士の木像があるほか、各界著名人に寄贈を依頼した書画60枚が天井と壁に飾られている。
木造は制作から100年以上経過しているため、現在修復中で一部しか安置されていない。
f0373317_12545036.jpg

f0373317_12541718.jpg

会場では甘酒や赤穂産カキを使った蕎麦が振る舞われた。
f0373317_12562211.jpg

f0373317_1322510.jpg

新発田市では前回の東京オリンピック年に放送されたNHK大河ドラマ「赤穂浪士」に続き、2020年に「忠臣蔵」の採用を求める署名運動が行なわれている。
私がキャスティングするなら、大石内蔵助は渡辺謙、大石りくは樋口可南子、堀部安兵衛は三田村邦彦、安兵衛の妻は星野知子、戸田局は水野久美、畳屋は高橋克実など、新潟出身俳優を登場させるのはどうか?
それから主題歌は小林幸子にしよう。
f0373317_15461542.jpg

午後3時から本堂で安兵衛を偲ぶ会が始まり、詩吟や剣武が披露された。
子供達の次に外人の剣士が舞う。
f0373317_15501555.jpg

午後5時、集合写真を撮り終えて、子供達の剣士達がパレードに出発する。
「えい、えい、おー!」と気合を入れた。
f0373317_15573878.jpg

行進中はあいにくの雨でビニールの合羽を着て歩く。写真的にはちょっとイメージダウンだった。
f0373317_15594557.jpg

子供達は寒い中、街中を1時間あまり元気に行進して長徳寺に戻って来た。
最後に義士堂前で再び勝どきをあげ、無事終了した。
f0373317_1631864.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F6.3 1/125秒  ISO3200 ストロボ580EX-Ⅱ調光補正なし 18:02 雨
撮影日 2016.12.14 撮影地 新発田市大栄町・長徳寺


[PR]
by chonger58 | 2017-01-23 16:11 | スナップ | Trackback | Comments(0)

野鶴会 第44回紙人形展

emoticon-0100-smile.gifemoticon-0111-blush.gifemoticon-0128-hi.gifemoticon-0142-happy.gif
平成28年度三条市文化祭協賛による野鶴会 紙人形展が11月25日から27日まで行なわれました。
今回で44回目となります。
会場の様子。
f0373317_1414558.jpg

関川精子先生と私の母です。
f0373317_1416274.jpg

関川先生の作品

f0373317_14173166.jpg

たより
f0373317_1418532.jpg

季節ごとの風情を出して色紙に紙をちぎって貼った作品 9月
f0373317_14205984.jpg

義母にあたる故 関川春野さんの遺作
f0373317_14224837.jpg

お弟子さんたちの作品
鷺娘
f0373317_14243114.jpg

f0373317_1425031.jpg

連弾
f0373317_14254040.jpg

花魁と禿
f0373317_1428676.jpg

三条凧囃し
f0373317_1429352.jpg

α6000 Vario-Tessar T*E 16-70mm F4 ZA OSS
F5.6 1/60秒  ISO640  14:00 曇り時々雨
撮影日 2016.11.27 撮影地 三条市・中央公民館
[PR]
by chonger58 | 2017-01-17 14:31 | テーブルフォト | Trackback | Comments(0)

大崎民謡祭

emoticon-0102-bigsmile.gifemoticon-0104-surprised.gifemoticon-0137-clapping.gifemoticon-0142-happy.gifemoticon-0148-yes.gifemoticon-0159-music.gifemoticon-0169-dance.gif
11月27日(日)、大崎民謡祭が行われた。
出演は津軽三味線の木田流師範や民謡の全国大会で日本一にもなった唄い手さんがいる「木田英会」とお仲間の「もみじ会」から編成された6人である。
f0373317_10325520.jpg

f0373317_10333669.jpg

f0373317_1034882.jpg

f0373317_103454100.jpg

途中で金子恵美衆議院議員が登場して、すぐさま退席して行った。
f0373317_10402251.jpg

津軽小原節
この踊りで前掛けのような物にリンゴとこけしがデザインされている。
昨年、青森県の女子中学生がいじめを苦に自殺した問題で、彼女が踊っている写真が「黒石よされ」写真コンテストで市長賞を受賞し、作品が新聞などに公表された。
その彼女も同じリンゴとこけしのデザインだったので踊りを見てると胸が痛んだ。
f0373317_10554397.jpg

α6000 Vario-Tessar T*E 16-70mm F4 ZA OSS
F5.6 1/125秒  ISO2500  11:57 曇り時々雨
撮影日 2016.11.27 撮影地 三条市西大崎・農業体験交流センター(サンファーム三条)
[PR]
by chonger58 | 2017-01-17 10:59 | スナップ | Trackback | Comments(0)

寺泊芸能祭・酒づくり唄

emoticon-0100-smile.gifemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0126-nerd.gifemoticon-0137-clapping.gifemoticon-0147-emo.gifemoticon-0150-handshake.gifemoticon-0165-muscle.gifemoticon-0167-beer.gifemoticon-0169-dance.gifemoticon-0159-music.gif
酒づくり唄が野積芸能保存会と小学生によって披露された。
野積の男達は漁業が主な職業とされてきたが、冬場は杜氏として酒蔵へ出稼ぎし生活を支えていた。
全盛期には180人ほどの野積杜氏がおり、杜氏の里とも呼ばれるようになっていた。
宮尾登美子さんによる日本の長編小説『藏』は大正 - 昭和初期、越後の銘酒『冬麗』の蔵元・田乃内家を舞台に、跡取り娘で盲目の少女・烈を中心に家族の愛憎と絆を描き、テレビや映画、舞台で作品化された。
年頃の娘に成長した烈が、恋心を募らせていった若い蔵人が野積の涼太だったのを思い出した。
f0373317_16512358.jpg

f0373317_16513330.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F6.3 1/160秒  ISO1600 17:34 曇り時々雨
撮影日 2016.11.20 撮影地 長岡市寺泊・寺泊文化センター
[PR]
by chonger58 | 2017-01-16 16:54 | スナップ | Trackback | Comments(0)