タグ:夕景 ( 23 ) タグの人気記事

第32回日本海夕日コンサート

182.png173.png180.png174.png169.png114.png
一昨日の11日、日本海夕日コンサートが新潟市西区の青山海岸で開催された。
今回、お世話になっている写真家さんから撮影の仕事を頼まれた。
実は私、1995年「第6回日本夕日写真大賞」でグランプリを受賞したことがある。
この写真は当時のガイドブックに掲載されたものである。
なぎさのふれあい広場には今でもこの写真が飾られている。
f0373317_17240335.jpg
この受賞がきっかけでカメラマンを目指そうと写真を勉強していくことになる。
当時、コンサートと表彰式は台風で中止になり順延された。後日改めて行われた表彰式は、出張のため私は参加できなかった。
あれから26年が経過し、今回初めて夕日コンサートを見る事が出来た。
ステージでは今年の夕日写真コンテストの受賞者が表彰されている。
月日が経ち、まさか私がその人たちを撮影するなんて思っても見なかった。

さて問題はこの日の天気である。予報では夕方から雨模様だったが見事に晴れた。
コンサートが始まると、夕日の事だけが気になってしょうがない。
私のミッションはステージの全景を入れて海に沈む真っ赤な夕日を撮らなければならない。
浜辺を歩いてよさそうな場所を見つけ、宴会中のお客さんにお願いして、近くに脚立を置かしてもらう。

夕日の時間は午後6時30分頃になる。
だが分厚い雲に覆われて佐渡ヶ島も見えない状況だ。
ステージ横附近に太陽が移動して来たのでそろそろ撮影を開始するが、まだ明るすぎてハレーションが起きてしまう。
露出を変えながら何枚も撮影するがどうしても太陽の光が強くて真っ白になってしまう。
そうこうしているうちに太陽は分厚い雲に覆われて二度と顔は出さなかった。
顔見知りの新潟日報のカメラマンが私の隣で撮影した。
翌日の朝刊にその画像が掲載されているが、今年は真っ赤な夕日を撮ることは出来なかった。

気持ちが落ち込んだまま今度はステージライブの出演者と夕日コーラスキッズを撮影する。

コンサートが終了するとステージの後ろから花火が上がる。
これも重要な私の撮影ミッションなのだ。
TVカメラ用の仮設足場の上から撮れば三脚が使用できると思うのだが、ここへは上がれない。
しかたがないからお客さんがいる正面の砂浜で待機した。
ここで問題なのが、コンサートの終盤はお客さんが盛り上がって総立ちになっている。
そのため三脚を立てて撮影するとお客さんの頭が邪魔になり、高さが足りずステージの出演者を隠すようになってしまう。
そこで持参した脚立の上にあがり、手持ち撮影する事にした。
どんな花火なのかわからないから最初は様子を見ていた。
徐々に花火の角度とスターマインの大きさがわかってきたので露出を調整しながら少しずつ撮っていく。
残念なのはステージ照明が消されて真っ暗になり花火と調和しなかった事である。
ライトが点灯されていれば、ステージ背景のオブジェが映り、奇麗な写真になったと思う。
また来年、お仕事させてもらえたら嬉しい限りである。

帰り道、雨がぽつぽつと車のフロントガラスに当たってきた。
家に着き、無事撮影を終えた安堵感で冷たいビールを一気に飲み干した。



[PR]
by chonger58 | 2017-08-13 17:31 | その他 | Trackback | Comments(0)

悠久山の夜桜

撮影の仕事が終了し、再び悠久山公園に戻って夜の撮影も行なって見た。
標準ズーム1本だと、風景的に景色を見てしまった典型的なボツカットである。
望遠レンズやマクロレンズなどで桜そのものを大きく狙い、ぼんぼり等の光をボカして撮った方が心象イメージに近くなる。
インスタグラムに投稿していた女性の写真の方が私よりはるかに上手かった。

ひょうたん池のしだれ桜はライトアップがされていない。
自分の懐中電灯で照明した。
カメラを構える時は、ほとんど暗がりなので桜の状況が見えていない。
撮影して見て、たいした事なかったなとがっかりする。
f0373317_14114964.jpg

泉翠池からの夜景。まずは普通に撮って見る。
f0373317_14161523.jpg

次はホワイトバランスを電球モードにして、左の桜並木に懐中電灯を照射した。構図も右側の方を少し広げている。
f0373317_14183834.jpg

灯籠の近くにある水銀灯が画面全体を緑っぽくしている。
f0373317_14215420.jpg

α6500 Vario-Tessar T*E 16-70mm F4 ZA OSS
F8.0 B30秒  ISO400 三脚使用  19:47 晴れ
撮影日 2017.4.21 撮影地 長岡市・悠久山公園


[PR]
by chonger58 | 2017-05-12 14:26 | | Trackback | Comments(0)

八幡様でイメージ写真

写真を撮る楽しさって何だろう?人を撮る。綺麗な景色を撮る。鉄道を撮る。祭りを撮る。
私はどれも好きだが、心象イメージの写真も大好きだ。

池の映りこみを撮る。
f0373317_2154469.jpg

f0373317_2152043.jpg

市外から来た参拝客の願い事。
f0373317_218885.jpg

パートカラーRED
f0373317_2192478.jpg

イラスト調
f0373317_219565.jpg

割れ目をトイカメラ調で撮る。
f0373317_21111084.jpg

f0373317_21115189.jpg

夕日が水溜りに映り込む。
f0373317_21123385.jpg

α6500 Vario-Tessar T*E 16-70mm F4 ZA OSS
F7.1 1/2000秒  ISO800  17:04 曇り
撮影日 2017.3.18 撮影地 三条市・八幡宮


[PR]
by chonger58 | 2017-04-17 21:17 | 心象風景 | Trackback | Comments(0)

尼瀬の漁村

002.gif008.gif015.gif025.gif042.gif072.gif
出雲崎のお立ち台スポットである尼瀬の漁村を夕日ライン橋から俯瞰する。
風景写真は、早朝か夕方に撮ったほうが良い。
ここのポイントは雪が降った時が撮影チャンスで、今まで多くの人達が写真コンテストで入賞を果たしている。
この日は全く雪もなく、ご覧の様なつまらない写真になってしまった。
矢印の浮き玉が目立ちすぎる。
久しぶりに訪れたが、桟橋がだいぶ破損して来ている。いずれこの場所も景色が変わって撮れなくなりそうな気がする。
f0373317_15293334.jpg

場所を変えて漁港の方へ来て見た。
真っ暗で海面が何も見えないから車のヘッドライトを照らして見た。
長時間露光のため浮き玉がしっかり映っている。ここも吹雪の時に撮れば写真になりそうな場所かな?
とりあえず今日はロケハンにして、帰りは寺泊の温泉で冷えた体を温めた。
f0373317_153974.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F11 13秒  ISO800 17:56 曇り時々晴れ
撮影日 2017.1.3 撮影地 出雲崎漁港


[PR]
by chonger58 | 2017-02-02 15:45 | 風景 | Trackback | Comments(0)

大崎山からパノラマ

001.gif008.gif023.gif039.gif042.gif058.gif
夕陽を狙ったが、この時季は弥彦山よりはるか左方向に陽が沈む。
手持ちでカメラを左から右に振り、11枚の画像をパノラマ合成して見た。
f0373317_12282921.jpg

α6000 Vario-Tessar T*E 16-70mm F4 ZA OSS
F8.0 1/800秒  ISO1250  16:24 晴れ
撮影日 2016.11.18 撮影地 三条市・大崎山展望台


[PR]
by chonger58 | 2017-01-12 12:32 | 風景 | Trackback | Comments(0)

水管橋

004.gif015.gif023.gif046.gif
布施谷川は、加茂市を源流とし三条市井栗、北野集落を貫流して信濃川に合流する、延長5,710mの一級河川である。
中流部の集落内では、河積が狭小なうえ、蛇行していたことから、たびたび浸水被害を受けてきたようだ。
水管橋が吉良邸の門に見えた。もし元禄時代にこんな門があれば赤穂浪士の討ち入りは出来なかったのではないか?そんな馬鹿げた事をふと考えてしまうのは私だけだろう。(笑)
f0373317_12402690.jpg

f0373317_1241355.jpg

f0373317_12595743.jpg

加茂市の天神林には布施谷川排水機場がある。
その付近の土手から綺麗な夕陽を撮影した。道路は多くの車がスピードを出して走っている。少し止まって夕陽を眺めて見たらどうなんだろう。
f0373317_12502195.jpg

f0373317_125053100.jpg

α6000 Vario-Tessar T*E 16-70mm F4 ZA OSS
F8.0 1/1250秒  ISO400  16:39 晴れのち曇り
撮影日 2016.10.30 撮影地 加茂市天神林・布施谷川排水機場
[PR]
by chonger58 | 2016-12-15 12:54 | 心象風景 | Trackback | Comments(0)

石上鉄橋でピカッ!

003.gif004.gif028.gif038.gif049.gif058.gif
11月19日、20日と飯山線で「SLロマン号」が走った。
長野県内では44年ぶりとなるSLの雄姿だそうである。使用されたSLは、真岡鉄道が所有する「C11型325号機」である。
私は残念ながらスケジュール調整が出来ず、行く事は出来なかった。
十日町界隈ではSLの追っかけで渋滞があったのではないかと推測する。

私は鉄道専門のカメラマンではないのでイベント列車をねらうより、普段の列車を自分のイメージで撮影する方が好きである。
弥彦線の上り列車が石上鉄橋を渡る時、西陽で車両がピカッと光った。
左奥には鉄塔、ホテルは電車の背後に入れて隠している。鉄橋の下は畑になっていて、それらの目障りな部分はすべてトリミングしている。
f0373317_12202853.jpg

10分ほどしてから下り列車がやって来た。もう光の状況は変わっている。
現場はこんな感じになっている。
f0373317_1222532.jpg

信濃川沿いの堤防を歩くと夕日が沈んでいった。
f0373317_12245034.jpg

α6000 Vario-Tessar T*E 16-70mm F4 ZA OSS
F5.6 1/1250秒  ISO640  18:05 晴れのち曇り
撮影日 2016.9.2 撮影地 三条市荒町
[PR]
by chonger58 | 2016-11-22 12:27 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)

五十嵐川沿いの散歩

002.gif004.gif008.gif015.gif042.gif072.gif
パルム2は14階建てのマンションである。大崎山の展望台は、これくらいの高さの物を作れば360度のパノラマ景観になる。
f0373317_20153013.jpg

昭栄大橋から五十嵐側右岸の堤防道を六ノ町河川緑地まで歩く。
ジョギングしたり犬の散歩をしたりする人が見受けられる。
私はカメラを持って散歩するので、何か被写体はないかあたりを探しながら歩いている。
しかしここは雑草がボーボーで被写体らしい景色はほとんど見つからない。
新潟市の萬代橋附近とは比べ物にならない程、殺風景な場所である。
スタンドアップパドル・サーフィンで川下りをしてる人たちでも現れないかな?
f0373317_20452049.jpg

f0373317_20454624.jpg

f0373317_20463283.jpg

f0373317_2047757.jpg

α6000 Vario-Tessar T*E 16-70mm F4 ZA OSS
F8.0 1/250秒  ISO400  18:13 晴れのち曇り
撮影日 2016.9.1 撮影地 三条市・六ノ町河川緑地
[PR]
by chonger58 | 2016-11-21 20:50 | 風景 | Trackback | Comments(0)

大崎山展望台からの夜景

003.gif004.gif016.gif010.gif037.gif053.gif054.gif061.gif072.gif
陽が沈んでから30分くらい経つと、夕景から街の明かりがぽつぽつ点き始め夜景に変わって行く。
一番綺麗な時間帯だ。
東京のような派手な夜景ではないが、田舎の町ではこの明るさが精一杯って所である。
f0373317_12531245.jpg

五十嵐川のラインが美しい。
f0373317_1255762.jpg

こちらは弥彦山方面。新幹線の燕三条駅が見える。
f0373317_125684.jpg

地平線がオレンジ色に染まる。久しぶりに綺麗な夕景だった。
反対側の景色は木々に囲まれてまるで見れないのがこの展望台の欠点である。
私はどうしても朝陽の撮影をここでやりたい。三条市には10階建てのパノラマ展望台の建設を希望する。
f0373317_137582.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F8.0 4秒  ISO400 18:57 晴れ
撮影日 2016.8.31 撮影地 三条市・大崎山展望台
[PR]
by chonger58 | 2016-11-21 13:08 | 風景 | Trackback | Comments(0)

大崎山展望台からの夕陽

004.gif008.gif021.gif029.gif039.gif048.gif058.gif
今日は寺泊で芸能祭があり、修学旅行の撮影でご一緒した寺泊小学校の生徒さんが郷土の伝統芸能を披露する事を知り、見学して来た。
半年振りに皆さんと会い、私の事を覚えてくれていたので嬉しかった。
素晴らしい踊りと演奏でしたよ。(笑)

さて昨日のブログで紹介した大崎山展望台から夕陽の撮影を行なう。
ご覧の様に右脇の木立ちが大きくなり、角田山が見えない。
8月の花火の時は国上山のあたりに夕陽があったが、この日はかなり左に移動していた。
f0373317_20345038.jpg

16:9の比率で角田山を切るとこんな感じになる。
f0373317_2036392.jpg

今度は弥彦山を切る。
f0373317_20374218.jpg

夕陽が沈んだ直後である。本当に木立ちが邪魔である。10階建ての展望台が必要だとお分かりいただけただろうか?
f0373317_20395446.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F8.0 1/125秒  ISO400 18:13 晴れ
撮影日 2016.8.31 撮影地 三条市・大崎山展望台
[PR]
by chonger58 | 2016-11-20 20:41 | 風景 | Trackback | Comments(0)