タグ:写真雑感・テクニック ( 87 ) タグの人気記事

α6500で試し撮り

emoticon-0100-smile.gifemoticon-0112-wondering.gifemoticon-0138-thinking.gifemoticon-0125-mmm.gifemoticon-0157-sun.gifemoticon-0164-cash.gif
今日は三条市の小学校20校で卒業式が行われた。
私は地元の写真屋さんから頼まれて下田地域の学校へ撮影に行って来た。
国定市長が来賓として参列され、新聞社も取材に来ていた。
卒業生の証書授与は全員撮らなければならない。失敗は出来ないからさすがに緊張する。
生徒を正面から見て自分の立つ位置を右にするか左にするかで毎年悩んでしまう。
今日は証書を渡す介添えの方が校長先生の左側だったので、私は右側から撮影した。しかしその右側にはマイクがあり、大きなリボンがついているため、生徒が受け取ると証書が隠れてしまった。
マイクが左側にあればよかったのになあ。
さらにもう一つ、証書授与の時に何処でシャッターを切るかも大切なポイントだ。
生徒が証書を両手で受け取る直前で撮るときちんと顔が写る。
ところがある生徒が緊張のあまりか両手を出しながら同時にお辞儀してしまった。
さすがにこれはどうする事も出来ず、私としては悔いが残る。
明日は、保育園の卒園式撮影である。
今夜も緊張で眠れそうにない。

話は変わり先月中旬、カメラマンとして非常に腹がたった出来事があった。
写真を撮る事がこんなにも規制を受けなければならないのか?
スマホの発達から一億総カメラマンのこの時代に、被写体を自由に撮れないなんて本当に悔しい。
頭に血がのぼってしまい、勢いで新しいカメラを買ってしまった。
気分を変えるにはこれが一番の解決方法かもしれない。
さっそく街ブラして見た。

これは季節になると綺麗に咲くガクアジサイである。
f0373317_2233858.jpg

雪解け水が流れ落ちる。今日の卒業式で私の流した涙みたいだ。
f0373317_2263799.jpg

f0373317_2272623.jpg

浮遊する光。
f0373317_228764.jpg

f0373317_229850.jpg

α6500 Vario-Tessar T*E 16-70mm F4 ZA OSS
F8.0 1/500秒  ISO200  13:43 晴れ
撮影日 2017.2.25 撮影地 三条市本町
[PR]
by chonger58 | 2017-03-24 22:14 | スナップ | Trackback | Comments(0)

白鳥の郷公苑

emoticon-0100-smile.gifemoticon-0117-talking.gifemoticon-0128-hi.gifemoticon-0142-happy.gifemoticon-0144-nod.gifemoticon-0147-emo.gif
今日は中学校の卒業式があり加茂市まで出張撮影して来た。
毎年、この時期は写真屋さんがカメラマン不足で頭をかかえており、私は去年の12月から仕事の依頼を受けていた。
人生の中で一生大切に持っていたい写真の一つに卒業アルバムがある。
式典の記録写真というだけでなく、生徒達の思い出になるような愉快で楽しい写真をどうやったら撮れるか考えていたら、前夜は緊張のあまり眠れなくなって、今朝は4時に目が覚めてしまう。
卒業生が最後に合唱を披露すると、涙ぐむ生徒や保護者がいた。
こんなシーンを見ると私も涙があふれ、ファインダーが曇って見れなくなった。
無事、集合写真を撮り終えて家に帰ったら、脱力感でいっぱいになり、今は頭がボーっとしている。
次は3月24日の小学校の卒業式撮影になる。また泣きそうだ!

別れといえば下田の白鳥も北帰行が始まった。
今年も多い時は300羽を超えていた。
f0373317_2001332.jpg

f0373317_2004173.jpg

f0373317_2011766.jpg

私は動物の写真は滅多に撮らない。
だからこの日に出会ったカメラマンの機材を見せてもらって感心した。
シャッターブレを防止するため自分で工夫したアクセサリーである。
ただカメラや望遠レンズがあってもよい写真は撮れない。それを最大限に生かせるような道具を作る事もカメラマンの大切な作業なのだ。
f0373317_20174042.jpg

さらにもう一つ驚かされた。
ニコンのカメラなのにオリンパスのドットサイト照準器EE-1が取り付けられている。
これを使うと素早く被写体に照準合わせが可能になり、野鳥観察などに威力を発揮するとの事である。
この日は良い商品を見せてもらった。
f0373317_20243721.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F8.0 1/640秒  ISO800 10:16 曇り
撮影日 2017.2.5 撮影地 三条市森町・白鳥の郷公苑附近
[PR]
by chonger58 | 2017-03-03 20:30 | スナップ | Trackback | Comments(0)

本成寺・節分鬼踊り・2回目

emoticon-0104-surprised.gifemoticon-0114-dull.gifemoticon-0117-talking.gifemoticon-0125-mmm.gifemoticon-0133-wait.gifemoticon-0138-thinking.gifemoticon-0141-whew.gifemoticon-0147-emo.gifemoticon-0160-movie.gifemoticon-0165-muscle.gifemoticon-0169-dance.gifemoticon-0170-ninja.gif
午後3時20分頃から2回目の鬼踊りが始まった。
僧兵がドン、ドン、ドンと太鼓を叩きながら本堂を目指す。
今度は参道脇から撮影してみる事にした。
脚立を持ってこなかったからお巡りさんが邪魔になる。
やっぱりお祭りには脚立が必要だった。
f0373317_1245748.jpg

僧兵が舞台で口上を述べている。
f0373317_12463041.jpg

いよいよ鬼達が登場して来た。
左脇の警備員が邪魔になる。しゃがんでくれればいいのになあ!
f0373317_12472639.jpg

二人の赤鬼が睨んでいる。
f0373317_12513692.jpg

舞台の三途川婆(そうずかば)がちょっとだけこちらを向いた。
f0373317_1253255.jpg

中の様子は伺えないので鬼踊りが終るまで20分ほど待っている。
どうやら終ったようで鬼達は大量の豆をぶつけられ、参道へと引き上げて来た。
鬼の前髪が長すぎて目が見えない。来年はちょっと床屋へ行って来てくれないかね(笑)
f0373317_1311770.jpg

お祭りをPRしているのはTVや新聞だけではない。
ここに来ている一眼レフを持ったカメラマンのほとんどは写真コンテストを目指して作品を撮っている。
何を狙うかといえば、ママさんたちが子供を鬼に抱っこしてもらい、泣きじゃくっている様子の写真を撮りたいがためだ。
その写真がとにかく有名写真コンテストで入賞する確立が高いので、県外からのカメラマンも大勢やって来ている。
つまりカメラマン達が作品を発表する事で、必然的に本成寺の鬼踊りを全国にPRしている事になる訳だ。
ブログで紹介する事も絶好のPRの場であると私は考えている。
カメラマン達は地域の行事に欠かせない営業宣伝マンだから、たくさん撮影してもらいましょう。
f0373317_13212281.jpg

無事、行事を終えた赤鬼さんが消防団の方とくつろいでいる。
本日はお疲れ様でした。
f0373317_132468.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F5.6 1/100秒  ISO1000 ストロボ580EX-Ⅱ調光補正-1.0 16:15 曇り
撮影日 2017.2.3 撮影地 三条市西本成寺・法華宗総本山
[PR]
by chonger58 | 2017-03-01 13:25 | スナップ | Trackback | Comments(0)

本成寺・節分鬼踊り・境内スナップ

emoticon-0104-surprised.gifemoticon-0107-sweating.gifemoticon-0128-hi.gifemoticon-0133-wait.gifemoticon-0138-thinking.gifemoticon-0141-whew.gifemoticon-0147-emo.gifemoticon-0165-muscle.gifemoticon-0170-ninja.gif
1回目の鬼踊りが終了した。鬼達は待ち構えた大勢のお客さんからもみくちゃにされながら鐘楼堂を目指す。
梵鐘に合掌して改心の鐘を打ち鳴らすと自らの厄を落として鬼は人の心を取り戻す。
f0373317_1726375.jpg

鬼達はまるでアイドル並みの人気者だ。
f0373317_17275734.jpg

鐘を鳴らして来た後は、ちゃめっ気たっぷりである。
f0373317_1729344.jpg

鬼(お)っぱらい豆を販売するお坊さん達。
本日、天気が良かったから本成寺寺務所へ行って管長さんの写真と一緒に渡して来た。
写真は必ず誰かの役に立つ。
良い写真が撮れれば他の人にも見てもらいたいからブログで紹介する。
フォトコンの雑誌で立木義浩さんが人を貶(おとし)めるスナップ写真は避けるべきだけれど、世間の風潮に流されてスナップショットを止めてしまうのはもったいないと書いている。
写真は人に見てもらう事が前提にある。
良いなあと思ったら私はシャッターを切り続けたい。
f0373317_17385423.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F4.0 1/160秒  ISO800 ストロボ580EX-Ⅱ調光補正-2/3 14:21 曇り
撮影日 2017.2.3 撮影地 三条市西本成寺・法華宗総本山
[PR]
by chonger58 | 2017-02-28 18:02 | スナップ | Trackback | Comments(0)

本成寺・節分鬼踊り・1回目

emoticon-0102-bigsmile.gifemoticon-0107-sweating.gifemoticon-0124-worried.gifemoticon-0141-whew.gifemoticon-0165-muscle.gifemoticon-0169-dance.gifemoticon-0170-ninja.gif
午後1時30分、ようやく本堂内にナレーションが入り、本成寺の節分行事についての故事が紹介された。
続いて僧兵が十二畳の舞台に上がり「われら深く三宝に帰依したてまつり」で始まる口上を述べる。
鬼踊りの撮影で1番やっかいなのがトイレの問題である。
なにせ5時間近く寒い本堂で待っているのだから、何回もトイレに行かなくてはならない。
始まる1時間くらい前になると本堂は満員になり、こうなるとトイレへの移動はなかなか大変だ。
境内には2万人の人たちで埋まっている。
あるTV番組でリオ五輪に出発するカメラマンのバックが紹介されたのを見た事がある。
なんと「パンパース」が入っていた。決定的瞬間を逃さないためにはお漏らししても万全な対策をして撮影に挑むためらしい。
私も祭りやスポーツ大会の撮影が多いのでとても参考になった。
f0373317_9365758.jpg

f0373317_9372370.jpg

さて撮影場所について考えてみたい。
これだけ広い本堂なのに正面アングルから撮るには賽銭箱の附近しかないのだ。
私は柱を背に立ち、左にはBSNのTVカメラマン、右には地元ケーブルTVのカメラマンがスタンバイしている。そこへフジカメラの社長さんが来たので私は譲り合いの精神で隣に入れてあげた。
ついに黄、緑、青、黒、赤の鬼と三途川婆が登場した。
広角レンズでないと全部入らない。
f0373317_9505096.jpg

鬼が下がれば標準ズームで何とか納まる。
f0373317_9515450.jpg

鬼が子供を抱っこしたり、頭をなでたりするところは良い写真になる。
よく見ると新潟日報のカメラマンがいる。ストロボにオレンジのフィルターを付けていた。
これは本堂の照明による色温度を調節するためのものである。
相撲中継を良く見ると新聞社のカメラマンもオレンジフィルターを付けている。
f0373317_1015084.jpg

f0373317_1033718.jpg

途中から青と緑の鬼が別な舞台に移動するとちょっと淋しくなる。
f0373317_107314.jpg

踊りが始まって約20分、門谷管長の第一声で舞台の鬼に向かい豆が撒かれた。
後日放送されたBSNの特番では地元新聞記者が賽銭箱の後で議員さんらが投げる豆にカメラを向けていた。顔やレンズに大量の豆がぶつかって痛かっただろうなあ?記者魂を見せつけられた。
f0373317_10151264.jpg

舞台に駆け上がった僧兵に追い立てられ鬼達は境内参道へ逃げて行った。
ストロボを連続発光したからチャージが間に合っていなかった。
やはり外部バッテリーが必要だった。
私は来賓の方から余った煎り大豆をもらい、外に出るための後片付けをする。
本堂内は2回目と入れ替え制なので満員の参拝客が一斉に外に出ようとするから階段付近では靴が履けない。
場所を確保してから鬼踊りが始まるまで、廻りのおばちゃんたちと世間話をしていたら、5時間待ちもなかなか退屈しないものだった。
今回、畳の上に毛布やアルミのレジャーマットを敷いたのが結構暖かくて効果的だった。
f0373317_10285841.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F6.3 1/160秒  ISO2000 ストロボ580EX-Ⅱ発光せず 13:52 曇り
撮影日 2017.2.3 撮影地 三条市西本成寺・法華宗総本山
[PR]
by chonger58 | 2017-02-28 10:35 | スナップ | Trackback | Comments(0)

新潟ジャズストリート・KozMiRay

emoticon-0109-kiss.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0111-blush.gifemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0135-makeup.gifemoticon-0136-giggle.gifemoticon-0137-clapping.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0159-music.gifemoticon-0162-coffee.gif
3軒目はKozMiRayのライブを聴きにコーヒーショップ器へ向った。
メンバーの名前の頭文字をとってグループ名にしている。
f0373317_1018363.jpg

f0373317_1019428.jpg

f0373317_10192426.jpg

f0373317_10195037.jpg

f0373317_1020919.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F5.6 1/30秒  ISO8000 18:56 曇り
撮影日 2017.1.21 撮影地 新潟市中央区営所通1・コーヒーショップ器

ボーカルのふくまこづえさんがCDを出す予定だと聞いたので、私にジャケット撮影をさせて欲しいと名刺を渡して来た。
ミュージシャンの皆さん、宣材写真撮らせて下さい。
まずはお気軽にご連絡下さい。
mail

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
岡田昭彦(オカダアキヒコ) 
新潟県三条市在住
携帯:090-2485-6781
e-mail:chonger48@gray.plala.or.jp
ブログhttp://chonger58.exblog.jp
全日本写真連盟新潟県央支部所属
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
[PR]
by chonger58 | 2017-02-25 10:37 | スナップ | Trackback | Comments(0)

新潟ジャズストリート・MAKI&YAYOIwith佐藤文孝トリオ

emoticon-0102-bigsmile.gifemoticon-0104-surprised.gifemoticon-0117-talking.gifemoticon-0128-hi.gifemoticon-0136-giggle.gifemoticon-0137-clapping.gifemoticon-0142-happy.gifemoticon-0148-yes.gifemoticon-0150-handshake.gifemoticon-0159-music.gifemoticon-0162-coffee.gifemoticon-0167-beer.gif
今日は、写真屋さんに依頼されて、市外の小学校へ6年生を送る会の出張撮影をして来た。
下級生達が6年生に激励の言葉を言って、一人一人にメッセージの色紙を渡す場面は、感動してしまった。
最後に6年生を集合させ、くす玉を割った紙くずを集めて、私にめがけて投げてもらった。
この日1番の良い写真が撮れた。(笑)
あと1ヶ月もすると卒業式である。そんな子供たちが一生大切に持っていたい記念写真を私は今年も撮影させてもらう。
私が撮った写真はきっと誰かの役に立っていると思いたい。

さて、新潟ジャズストリートはMAKI&YAYOIwith佐藤文孝トリオの出番となった。
同じ店のマキでのライブとなる。
今度は最前列の席で、カレーラーメンの歌を作った矢代さんとブレーメンのギター担当であるT未来さんと一緒に座る事が出来た。
私の隣にはお天気お姉さんとして人気の気象予報士、井田寛子さん似の美人がいたのでちょっと嬉しい気分である。
f0373317_23222766.jpg

f0373317_23244957.jpg

山田建築のCMソングって聴いた事ありますよね。
ピントは左のYAYOIさんに合わせています。この人が歌っているんですよ。
f0373317_23281821.jpg

今度は右のMAKIさんにピントを合わす。
テネシーワルツ良かったです。
f0373317_2335394.jpg

f0373317_23475560.jpg

ベーシストの長野賢一さんは私の小、中学校時代の同窓生である。
2014年10月の善地院コンサート以来、3年ぶりに再会です。
目線が合った瞬間に撮りました。
f0373317_23451562.jpg

後半は上着を脱いでフィンガーテクニックを披露する。
f0373317_23462737.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F5.6 1/50秒  ISO8000 16:59 晴れのち曇り
撮影日 2017.1.21 撮影地 新潟市中央区古町通6・マキ
[PR]
by chonger58 | 2017-02-24 23:52 | スナップ | Trackback | Comments(0)

新潟ジャズストリート・吉川ナオミFriends&外山安樹子Feat,TSUBO-KEN

emoticon-0107-sweating.gifemoticon-0104-surprised.gifemoticon-0114-dull.gifemoticon-0125-mmm.gifemoticon-0159-music.gif
2軒目は途中から吉川ナオミFriends&外山安樹子Feat,TSUBO-KENのライブを聴きにマキへ行った。
店内は超満員で立ち見の客が大勢いた。
私も厨房前の通路で立ち見となる。
これでは遠すぎて写真が撮れない。
f0373317_22254843.jpg

数曲歌ったら少し席が空いたのでちょっとだけ前の席に座る事が出来た。
f0373317_22295364.jpg

この席から吉川さんを撮ってもまだ遠い。
今回は良い写真が撮れなかったので諦めよう。
3月19日、みんくる周年祭で吉川ナオミさんがゲスト出演する。
だが、成人式の撮影仕事が来ているため行けないのだ。残念!
f0373317_22372170.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F5.6 1/50秒  ISO10000 13:28 晴れ時々曇り
撮影日 2017.1.21 撮影地 新潟市中央区古町通6・マキ
[PR]
by chonger58 | 2017-02-22 22:47 | スナップ | Trackback | Comments(0)

新潟ジャズストリート・吉田睦With Sekt

emoticon-0105-wink.gifemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0128-hi.gifemoticon-0135-makeup.gifemoticon-0137-clapping.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0159-music.gifemoticon-0169-dance.gif
1月21日、新潟ジャズストリートが開催された。喫茶店やホテルなどで1日限りの演奏が行なわれる。
フリーパスチケット(1000円)を購入すれば全ての会場を自由に出入りできる。
最初に訪れたのは1週間前に見附でライブを行なった吉田睦さんがボーカルを担当するグループである。
本日は吉田睦With Sektというバンドで出演した。
最前列のテーブルから撮影しているが18-135mmのレンズでは全部入りきらなかった。
ドラムとキーボードの人が見えないのも残念だ。
こんな時、もっとワイドレンズがあればなあと思ってしまう。
f0373317_2330173.jpg

吉田さんに見附のライブで撮った写真を渡したら喜んでもらえたので嬉しかった。
f0373317_23333460.jpg

このバンドだとコーラスが2人いるので、綺麗なハーモニーが聞こえる。
f0373317_2335136.jpg

阿部さんのサックスも素晴らしい。
f0373317_23371178.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F5.6 1/100秒  ISO1600 12:15 晴れ時々曇り
撮影日 2017.1.21 撮影地 新潟市中央区・新潟国際情報大学中央キャンパス1F学生ホール




せっかくだから私のブログで告知をしてあげよう。
吉田睦With Sekt LIVE Black & White
日時・3月3日(金)
18:30 OPEN
19:00 START
会場・見附市文化ホール アルカディア小ホール
前売り1500円(当日1800円) 
全席自由(1ドリンク付)
[PR]
by chonger58 | 2017-02-21 23:49 | スナップ | Trackback | Comments(0)

使える商品写真の撮影テクニック

emoticon-0104-surprised.gifemoticon-0112-wondering.gifemoticon-0138-thinking.gifemoticon-0142-happy.gifemoticon-0137-clapping.gifemoticon-0164-cash.gifemoticon-0168-drink.gif
2月18日(土)、三条テクノスクールで「使える商品写真の撮影テクニック」の講習会に行って来た。
学校関係やイベント行事の撮影ばかりだと広告関係の商品撮影をする事が少なくなり、知識が不足しがちになってしまう。
講師はスタジオ誠晃舎の山口典人さんで新潟県写真家協会の副会長である。
参加者は5名と少数だったのでとても充実した内容だった。
商品撮影のライティングは極秘にするカメラマンが多いのだが、山口カメラマンは「何でも聞いてください」と出し惜しみせずに説明して頂き、大変参考になった。

まずは簡単なペットボトルのモノブロックストロボを使った3灯ライティングである。
f0373317_21462663.jpg

黒いボードで輪郭の部分を黒締めする。
パソコンを使ったテザー撮影だとカメラでシャッターを切らなくてもパソコンから行なえる。
f0373317_2151122.jpg

参加者が持ち寄った商品を順番に撮影してゆく。商品開発部などで仕事をされている人がほとんどなので、ここで商品をお見せする事はやめておきたい。
さて自分の番が来たので日本酒のライティングをする事にした。
ここでは持参したクリップオン3灯(無線シンクロ)でどれだけ撮れるか試してみる。
Aは天井にバウンス、B、Cはトレペでディフューズさせる。ストロボの位置を前後に動かすだけでもかなりの違いが出る。
f0373317_2221220.jpg

こちらがその結果である。角版( かくはん) 画像としては綺麗に撮れている。
f0373317_226306.jpg

調子に乗ってお昼休みに窓辺の自然光とレフ板だけでスーパーで買って来たお弁当を撮って見た。
f0373317_22124082.jpg

約6時間の講習はあっという間に過ぎてしまい、受講証明書なるものが渡された。
とても有意義な1日だった。

さて更なる飛躍を求めるには実践あるのみである。
家に帰ってからちょっと自分でライティングを工夫して見た。
まずは切り抜き用の撮影をする。
黒いボードを瓶の上と左右に置き、黒締めする。底の部分はガラスのお猪口である。
プラダンの後からストロボ(光量1/2)を発光するとなんと瓶の中が透けて見える。
左右にある白いボードにストロボをそれぞれバウンス(光量1/8)させた。
手前からはラベル面が明るくなるように内蔵ストロボを1/32の光量で発光させている。
f0373317_22222957.jpg

今度は瓶だけをフォトショップで切り抜き、白紙ファイルに貼り付けした。
ラベル面だけ若干レベル補正して明るくしている。
f0373317_22361591.jpg

今度は黒バックで角版( かくはん) 撮影して見る。
ここで頭を悩ました。黒バックだとストロボを瓶の真後ろから当てなければならない。
そうすると瓶の中が綺麗に透けてくれない。
試行錯誤の結果、瓶の形に切り取ったトレペを後に貼って見た。
さらにストロボはスヌートを取り付ける事で、黒い背景紙の下部分が極端に明るくならないように工夫した。
バック、左右ともに1/16の光量にした。
f0373317_22393327.jpg

これはおまけの画像。
甘酒が食物繊維とオリゴ糖が豊富で健康に良いと紹介したTV番組を見た。
以来、色んなメーカーの物を飲んで見た。
今は日本酒より甘酒にはまっている。
f0373317_2259695.jpg

Canon EOS 7D Mark II TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F11 1/80秒  ISO400 ストロボ600EX-RT(バック)+580EX-Ⅱ(右)580EX-Ⅱ(左)+YONGNUO製 YN-622Cラジオスレーブ使用 
撮影日 2017.2.18 撮影地 自宅
[PR]
by chonger58 | 2017-02-20 23:10 | テーブルフォト | Trackback | Comments(0)