森町集落ドンド焼き

emoticon-0100-smile.gifemoticon-0104-surprised.gifemoticon-0107-sweating.gifemoticon-0112-wondering.gifemoticon-0128-hi.gif
今日は来年の干支である戌年にちなみ年賀状のデータ集で使う犬の撮影のため新潟市まで行って来た。
ワンちゃんを紹介して下さった方とご協力頂いた飼い主の方のおかげでとてもよい写真が撮れた。
どうも有難うございました。

1月14日に予定していた森町集落ドンド焼きは大雪の影響で2月5日に延期された。
白鳥の郷公苑そばには高さ6㍍、直径5㍍ほどのカヤで覆われたさいの神が作られた。
f0373317_2025578.jpg

午前11時、約200人ほどの見物客を前に青年団体の代表がたいまつをさいの神に差し入れる。
f0373317_2030464.jpg

真っ赤な炎が燃え上がり、竹の底が抜けるとパーンという破裂音がする。
f0373317_20332354.jpg

あっという間に炎が弱くなった。
f0373317_203553.jpg

長さ2㍍の竹ざおにスルメをくくりつけ炎であぶる。
これを食べれば風邪など引かないと言われている。
公苑前のテントでは甘酒がサービスされ、とても美味しかった。
f0373317_20395752.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F8.0 1/2500秒  ISO640 11:06 曇り
撮影日 2017.2.5 撮影地 三条市森町・白鳥の郷公苑附近




※告知
可愛いワンちゃんのモデルを募集しています。写真コンテストや雑誌の掲載などで、作品制作にご協力いただける方はご連絡ください。
mail

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
岡田昭彦(オカダアキヒコ) 
新潟県三条市在住
携帯:090-2485-6781
e-mail:chonger48@gray.plala.or.jp
ブログhttp://chonger58.exblog.jp
全日本写真連盟新潟県央支部所属
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
[PR]
# by chonger58 | 2017-03-02 20:45 | スナップ | Trackback | Comments(0)

本成寺・節分鬼踊り・2回目

emoticon-0104-surprised.gifemoticon-0114-dull.gifemoticon-0117-talking.gifemoticon-0125-mmm.gifemoticon-0133-wait.gifemoticon-0138-thinking.gifemoticon-0141-whew.gifemoticon-0147-emo.gifemoticon-0160-movie.gifemoticon-0165-muscle.gifemoticon-0169-dance.gifemoticon-0170-ninja.gif
午後3時20分頃から2回目の鬼踊りが始まった。
僧兵がドン、ドン、ドンと太鼓を叩きながら本堂を目指す。
今度は参道脇から撮影してみる事にした。
脚立を持ってこなかったからお巡りさんが邪魔になる。
やっぱりお祭りには脚立が必要だった。
f0373317_1245748.jpg

僧兵が舞台で口上を述べている。
f0373317_12463041.jpg

いよいよ鬼達が登場して来た。
左脇の警備員が邪魔になる。しゃがんでくれればいいのになあ!
f0373317_12472639.jpg

二人の赤鬼が睨んでいる。
f0373317_12513692.jpg

舞台の三途川婆(そうずかば)がちょっとだけこちらを向いた。
f0373317_1253255.jpg

中の様子は伺えないので鬼踊りが終るまで20分ほど待っている。
どうやら終ったようで鬼達は大量の豆をぶつけられ、参道へと引き上げて来た。
鬼の前髪が長すぎて目が見えない。来年はちょっと床屋へ行って来てくれないかね(笑)
f0373317_1311770.jpg

お祭りをPRしているのはTVや新聞だけではない。
ここに来ている一眼レフを持ったカメラマンのほとんどは写真コンテストを目指して作品を撮っている。
何を狙うかといえば、ママさんたちが子供を鬼に抱っこしてもらい、泣きじゃくっている様子の写真を撮りたいがためだ。
その写真がとにかく有名写真コンテストで入賞する確立が高いので、県外からのカメラマンも大勢やって来ている。
つまりカメラマン達が作品を発表する事で、必然的に本成寺の鬼踊りを全国にPRしている事になる訳だ。
ブログで紹介する事も絶好のPRの場であると私は考えている。
カメラマン達は地域の行事に欠かせない営業宣伝マンだから、たくさん撮影してもらいましょう。
f0373317_13212281.jpg

無事、行事を終えた赤鬼さんが消防団の方とくつろいでいる。
本日はお疲れ様でした。
f0373317_132468.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F5.6 1/100秒  ISO1000 ストロボ580EX-Ⅱ調光補正-1.0 16:15 曇り
撮影日 2017.2.3 撮影地 三条市西本成寺・法華宗総本山
[PR]
# by chonger58 | 2017-03-01 13:25 | スナップ | Trackback | Comments(0)

本成寺・節分鬼踊り・境内スナップ

emoticon-0104-surprised.gifemoticon-0107-sweating.gifemoticon-0128-hi.gifemoticon-0133-wait.gifemoticon-0138-thinking.gifemoticon-0141-whew.gifemoticon-0147-emo.gifemoticon-0165-muscle.gifemoticon-0170-ninja.gif
1回目の鬼踊りが終了した。鬼達は待ち構えた大勢のお客さんからもみくちゃにされながら鐘楼堂を目指す。
梵鐘に合掌して改心の鐘を打ち鳴らすと自らの厄を落として鬼は人の心を取り戻す。
f0373317_1726375.jpg

鬼達はまるでアイドル並みの人気者だ。
f0373317_17275734.jpg

鐘を鳴らして来た後は、ちゃめっ気たっぷりである。
f0373317_1729344.jpg

鬼(お)っぱらい豆を販売するお坊さん達。
本日、天気が良かったから本成寺寺務所へ行って管長さんの写真と一緒に渡して来た。
写真は必ず誰かの役に立つ。
良い写真が撮れれば他の人にも見てもらいたいからブログで紹介する。
フォトコンの雑誌で立木義浩さんが人を貶(おとし)めるスナップ写真は避けるべきだけれど、世間の風潮に流されてスナップショットを止めてしまうのはもったいないと書いている。
写真は人に見てもらう事が前提にある。
良いなあと思ったら私はシャッターを切り続けたい。
f0373317_17385423.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F4.0 1/160秒  ISO800 ストロボ580EX-Ⅱ調光補正-2/3 14:21 曇り
撮影日 2017.2.3 撮影地 三条市西本成寺・法華宗総本山
[PR]
# by chonger58 | 2017-02-28 18:02 | スナップ | Trackback | Comments(0)

本成寺・節分鬼踊り・1回目

emoticon-0102-bigsmile.gifemoticon-0107-sweating.gifemoticon-0124-worried.gifemoticon-0141-whew.gifemoticon-0165-muscle.gifemoticon-0169-dance.gifemoticon-0170-ninja.gif
午後1時30分、ようやく本堂内にナレーションが入り、本成寺の節分行事についての故事が紹介された。
続いて僧兵が十二畳の舞台に上がり「われら深く三宝に帰依したてまつり」で始まる口上を述べる。
鬼踊りの撮影で1番やっかいなのがトイレの問題である。
なにせ5時間近く寒い本堂で待っているのだから、何回もトイレに行かなくてはならない。
始まる1時間くらい前になると本堂は満員になり、こうなるとトイレへの移動はなかなか大変だ。
境内には2万人の人たちで埋まっている。
あるTV番組でリオ五輪に出発するカメラマンのバックが紹介されたのを見た事がある。
なんと「パンパース」が入っていた。決定的瞬間を逃さないためにはお漏らししても万全な対策をして撮影に挑むためらしい。
私も祭りやスポーツ大会の撮影が多いのでとても参考になった。
f0373317_9365758.jpg

f0373317_9372370.jpg

さて撮影場所について考えてみたい。
これだけ広い本堂なのに正面アングルから撮るには賽銭箱の附近しかないのだ。
私は柱を背に立ち、左にはBSNのTVカメラマン、右には地元ケーブルTVのカメラマンがスタンバイしている。そこへフジカメラの社長さんが来たので私は譲り合いの精神で隣に入れてあげた。
ついに黄、緑、青、黒、赤の鬼と三途川婆が登場した。
広角レンズでないと全部入らない。
f0373317_9505096.jpg

鬼が下がれば標準ズームで何とか納まる。
f0373317_9515450.jpg

鬼が子供を抱っこしたり、頭をなでたりするところは良い写真になる。
よく見ると新潟日報のカメラマンがいる。ストロボにオレンジのフィルターを付けていた。
これは本堂の照明による色温度を調節するためのものである。
相撲中継を良く見ると新聞社のカメラマンもオレンジフィルターを付けている。
f0373317_1015084.jpg

f0373317_1033718.jpg

途中から青と緑の鬼が別な舞台に移動するとちょっと淋しくなる。
f0373317_107314.jpg

踊りが始まって約20分、門谷管長の第一声で舞台の鬼に向かい豆が撒かれた。
後日放送されたBSNの特番では地元新聞記者が賽銭箱の後で議員さんらが投げる豆にカメラを向けていた。顔やレンズに大量の豆がぶつかって痛かっただろうなあ?記者魂を見せつけられた。
f0373317_10151264.jpg

舞台に駆け上がった僧兵に追い立てられ鬼達は境内参道へ逃げて行った。
ストロボを連続発光したからチャージが間に合っていなかった。
やはり外部バッテリーが必要だった。
私は来賓の方から余った煎り大豆をもらい、外に出るための後片付けをする。
本堂内は2回目と入れ替え制なので満員の参拝客が一斉に外に出ようとするから階段付近では靴が履けない。
場所を確保してから鬼踊りが始まるまで、廻りのおばちゃんたちと世間話をしていたら、5時間待ちもなかなか退屈しないものだった。
今回、畳の上に毛布やアルミのレジャーマットを敷いたのが結構暖かくて効果的だった。
f0373317_10285841.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F6.3 1/160秒  ISO2000 ストロボ580EX-Ⅱ発光せず 13:52 曇り
撮影日 2017.2.3 撮影地 三条市西本成寺・法華宗総本山
[PR]
# by chonger58 | 2017-02-28 10:35 | スナップ | Trackback | Comments(0)

本成寺節分会祈願法要と節分鬼おどり

emoticon-0104-surprised.gifemoticon-0107-sweating.gifemoticon-0128-hi.gifemoticon-0138-thinking.gifemoticon-0141-whew.gifemoticon-0165-muscle.gifemoticon-0169-dance.gifemoticon-0170-ninja.gif
2月3日、法華宗総本山本成寺では節分会祈願法要と節分鬼おどりが行なわれた。
本堂の外陣では朝からケーブルTVやBSNなどのTVカメラマンが撮影場所を確保するため、スチールカメラマンの私も9時頃には入らないと良い場所が取れないのだ。
始まるのは午後1時なのに5時間も待つのである。
f0373317_950618.jpg

f0373317_951155.jpg

f0373317_9514213.jpg

節分行事で使う豆は600㌔が用意され、販売用の福豆は27,000袋が袋詰めされた。
こちらは本番で事業繁栄祈願者などが本堂で撒く「煎り大豆」である。
f0373317_959346.jpg

f0373317_959576.jpg

参拝者の皆さんは場所を確保すると、福豆のクジ引きを目当てに客殿へと向かう。
自転車や液晶テレビなども当たるのだ。
だが私はそんな場所には目もくれず、ただ寒い本堂内でじっと待つのみである。
12時過ぎに地場産業振興特別祈願会を行ない、1時から白衣姿の山内寺院の住職が参拝者へ木剣を手に「九」の字を切って無病息災、家内安全を祈願した。
f0373317_10251396.jpg

1時21分、内陣最前列に市長さんや国会議員などのみなさんが揃いました。
「こちらを向いてください」とお願いし撮影した。ピントは門谷管長に合わせています。
あとは鬼を待つばかり。
f0373317_10293111.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F6.3 1/40秒  ISO1000 ストロボ580EX-Ⅱ調光補正なし 13:21 曇り
撮影日 2017.2.3 撮影地 三条市西本成寺・法華宗総本山



[PR]
# by chonger58 | 2017-02-27 10:36 | スナップ | Trackback | Comments(0)