松濤庵の腰掛待合

来週の撮影の打ち合わせで午前中に燕市へ行って来た。
燕三条駅近くの桜並木は昨日の強風でみんな葉桜になってしまった。

保内公園の茶室「松濤庵」を見る。
トイカメラ調で撮影。
f0373317_224477.jpg

腰掛待合の窓が壊れている。こんな状態では茶会の風情も台無しだ。
絵画調HDR
f0373317_22453861.jpg

水彩画調
f0373317_22484071.jpg

東屋付近のローバイが綺麗だった。
f0373317_22511958.jpg

α6500 Vario-Tessar T*E 16-70mm F4 ZA OSS
F8.0 1/125秒  ISO200  11:51 曇り
撮影日 2017.4.8 撮影地 三条市下保内・保内公園


[PR]
# by chonger58 | 2017-04-20 22:59 | 建築 | Trackback | Comments(0)

寒緋桜

新潟で桜の開花宣言があった今月8日、私は三条市内の桜を見て廻る事にした。
結果はどこも染井吉野はまだ咲いていない。
保内公園から圓光寺を通り、茶室に向う道端に赤い花びらをつけた寒緋桜(カンヒザクラ)が咲いていた。
釣り鐘状の花が下向きに咲く所が特徴で、沖縄で「桜」と言えばこの花を指す。
f0373317_16131597.jpg

手前の大きな岩と梅、後の赤い花が寒緋桜である。
f0373317_16134823.jpg

f0373317_16161540.jpg

f0373317_16163613.jpg
f0373317_1617194.jpg

手前の寒緋桜をボカして背景の白梅にピントを合わす。
f0373317_16181650.jpg

α6500 Vario-Tessar T*E 16-70mm F4 ZA OSS
F8.0 1/160秒  ISO200  12:03 曇り
撮影日 2017.4.8 撮影地 三条市下保内・保内公園


[PR]
# by chonger58 | 2017-04-20 16:27 | | Trackback | Comments(0)

水芭蕉が咲いているよ!

春先は五泉や中条の水芭蕉がTVで中継されるが、保内公園にも綺麗な場所がある。
ほんの小さな田んぼの一角だが、私にとってはライブラリー用の素材写真を撮るだけなのでこれで十分満足できる。
現場はこんな場所だ。
f0373317_9573880.jpg

カメラのピクチャーエフェクト機能でミニチュアにするとピントを合わす場所と極端に被写界深度を浅くしてボカす場所を範囲指定できる。
f0373317_1025318.jpg

ソフトフォーカス(中)
f0373317_1033367.jpg

α6500 Vario-Tessar T*E 16-70mm F4 ZA OSS
F4.0 1/160秒  ISO100 内蔵ストロボ+フィルム乳白色ケース 10:51 晴れ
撮影日 2017.4.8 撮影地 三条市保内・保内公園



[PR]
# by chonger58 | 2017-04-20 10:12 | | Trackback | Comments(0)

写真を楽しむためのQ&A集

先日、知人の写真愛好家と会った際にこんな話を聞かされた。
ある街の大きなお祭り行事を撮影に行った時、鮮やかな衣装の女性二人がビール片手にお祭りを見学していた姿が風景とマッチして魅力的だったから黙って写真を撮った。
その後で彼女たちに写真を撮ったからコンテストに応募したいと肖像権の承諾を求めたら、黙って撮ってるから盗撮だと凄まれて、お巡りさんを呼ばれたそうだ。
せっかく楽しく写真を撮りに来たのに彼はとんだ災難になってしまったし、見知らぬおじさんに写真を撮られた彼女達も気分は悪くなったはずである。
こうならないためにカメラマンはどうしたらよいのか?
スマホで撮るのが当たり前となった「一億総写真家」の現代では、戦前・戦後を通じて活動した日本を代表するストリートスナップの写真家木村 伊兵衛さんの時代と同じような写真の撮り方をしていると被写体の人々に誤解が生じやすくなる。
そこで「SNS時代の写真のルールとマナー」朝日新聞出版・日本写真家協会 編のこの本でしっかり勉強しておきたい。
Q・レストランで撮った芸能人をブログに載せてもいいか?
Q・公園で遊んでいる親子に声を掛けて写真を撮った。暗黙の了解でその写真をコンテストへ応募する際、肖像権の扱いはどうすればよいか?
Q・許諾を得ない後ろ姿をSNSに投稿したら盗撮行為や肖像権侵害になるか?
Q・街でスナップをしたら「何で撮るの?」と言われて慌ててしまった。この時の対応はどうすべきか?
答えはすべて本に書いてあり、他にも60項目以上の質問と答えが掲載されている。

人物を撮る場合、仕事で撮影する時は子どもから大人までいちいち被写体に断ってから撮る必要はないが、
仕事ではない時にスナップ写真を撮るとなるとやっぱり初めに「撮らせて下さい」と声を掛けた方が無難だ。
黙って自然な瞬間を撮りたいという写真愛好家がいるが、私はむしろ逆で相手が了解してくれれば、そこから自分が自由なシチュエーションやポージングをさせて撮っても自然な瞬間が撮れるはずだと思っている。
もし私が町を歩いていて、見知らぬ人からカメラを向けられ撮影されたらやっぱりいやな気分になる。
人物写真は双方の善意と被写体の人たちへの思いやりの気持ちが大切である。

一眼レフを持った写真愛好家の人はほとんどの人が写真コンテストに応募する目的で撮影している。
その次の延長に写真展や写真集を出したいと夢を広げて行く。
ところがスマホの人たちの大半はそうではなくお店で食べた料理を撮ったり、日常の出来事をメモ代わりに撮ってSNSにアップするのが目的となっているため、プリントする事はほとんどない。
お互い目的は違っても写真を撮る行為は同じだから、プロは特にアマチュアの模範になるようにマナーはしっかり守らなければいけない。

本の中で写真家の田沼武能さんが「写真は現在を撮る事は出来るが、過去を撮る事は出来ない。
後世に伝えなければならぬ現代人の暮らしの証言は、いま写真に撮っておく必要がある」と綴っておられる。

現代社会で撮影がやたら制限されるスポーツ競技が出て来た。新体操、水泳、ビーチバレー、チアダンスなど肌の露出が多い種目である。
今度は甲子園の高校野球もSNSのアップ禁止となってしまった。
今月末から始まる新潟県の高校野球も撮影出来なくなったら私はもうカメラマンをやめたいと思っている。
f0373317_21442539.jpg

[PR]
# by chonger58 | 2017-04-20 00:03 | その他 | Trackback | Comments(0)

廃棄自動車

今日はモデル撮影が中止になった。
この強風では外ロケが出来なかったから、かえって良かったのかもしれない。

スケジュールを変更して素材写真のガラスコップを撮影する事にした。
ところがサンプルの商品を床に落として割ってしまった。「あちゃ、ショック!」
しばし呆然となる。

どうも近頃は平常心でいられない。何かいつもそわそわ落ち着きがないのである。

これは先月、畑で偶然見つけた廃棄自動車である。
心も体もボロボロな私と同じ境遇に見えた。

イラスト調
f0373317_1683944.jpg

椿の花が綺麗だったからポップカラーでさらに色鮮やかにする。
f0373317_1691833.jpg

HDR調
f0373317_16105518.jpg

パートカラー blue
f0373317_16151575.jpg

α6500 Vario-Tessar T*E 16-70mm F4 ZA OSS
F5.6 1/400秒  ISO200  15:15 晴れ
撮影日 2017.3.26 撮影地 三条市
[PR]
# by chonger58 | 2017-04-19 16:18 | 心象風景 | Trackback | Comments(0)