2017年 11月 08日 ( 1 )

徳光和夫が語るジャイアント馬場

145.png119.png
10月28日は三条市名誉市民となったジャイアント馬場さんと親交があった徳光和夫さんが記念講演を行った。
厚生会館の一部を仕切った場所で約450人が聴講した。
講演会は一般の人の撮影や録音は禁止である。
知り合いのカメラ店の社長さんが記録カメラマンとなっていた。
徳光さんは長嶋茂雄さんが東京六大学野球新記録の8号本塁打を見てファンになり、立教大学へ進学する。
卒業後、1963年に日本テレビに入社する。
プロ野球中継をするのが夢だったがかなわず、全日本プロレス中継の実況アナウンサーになった。
これがきっかけでジャイアント馬場さんとの出会いが生まれた。
日本中にプロレスの面白さを伝えた馬場さんのエピソードから、だんだん長嶋さんの笑い話の方が長くなっていった気がする。
最後は馬場さんの地元、全日本プロレスの興行場所となっていた厚生福祉会館で講演が出来た事を大変うれしく思っていると語り、約1時間半ほど喋りまくった。
講演料は100万円ぐらいなのかな?
f0373317_23084649.jpg
講演会が終わると徳光さんもテレビ局の関係者と顕彰記念展を見学されていた。今日は泊まって一杯飲むのかと市役所の人に聞いてみたが日帰りだそうである。
入り口のポスター。
f0373317_23091247.jpg
ジャイアンツ時代のピッチングフォームを見ると結構いい投げ方をしている。
スピードガンがあれば150キロくらい出ていたのかな?そんな事はないか!
f0373317_23094295.jpg
ガラスケースに入れられたチャンピオンベルト。
f0373317_23100659.jpg
ワールド・リーグ戦で優勝した時のトロフィー。
会場の写り込みがあってうまく撮れず残念。
f0373317_23102873.jpg
記念撮影コーナー。
f0373317_23105299.jpg
1999年4月17日、日本武道館で行われた馬場さんの「お別れの会」では全国から約2万8000人のファンが参列した。
元子夫人の見送る姿が撮影されている。とってもいい写真だ。
三条市は今後、ジャイアント馬場記念館を実家に建築すべきではないだろうか?
f0373317_23111397.jpg

Canon EOS 7D Mark II EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS USM
F6.3 1/60秒  ISO1600 ストロボ600EX-RT  16:26 曇り
撮影日 2017.10.28 撮影地 三条市旭町・三条厚生福祉会館


[PR]
by chonger58 | 2017-11-08 23:11 | その他 | Trackback | Comments(4)