小須戸喧嘩燈籠まつり

emoticon-0104-surprised.gifemoticon-0119-puke.gifemoticon-0157-sun.gifemoticon-0160-movie.gifemoticon-0165-muscle.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0103-cool.gif
小須戸喧嘩燈籠まつりに行って来た。
デジカメに変えてから初めて撮影するので記憶にないくらい久しぶりである。

小須戸の豪商、米沢屋吉田家が京都へ商用に行く度に祇園祭の灯籠の美しさに魅せられ、「小須戸にも灯籠を飾りたい」と思い1639(寛永16)年に京都から買って諏訪神社に飾ったのが小須戸の灯籠の由来と云われている。

まずは祭協賛会の灯籠を紹介する。
f0373317_1152037.jpg

そしてぶつかり合う4基の灯籠がこちらである。
松、竹、梅、桜の組が時代劇の名場面を人形で再現している。
f0373317_1155075.jpg

f0373317_1155182.jpg

f0373317_1157599.jpg

f0373317_1157344.jpg

Canon EOS 7D Mark II レンズEF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
F8.0 1/160秒  ISO320 ストロボ580EX-Ⅱ調光補正なし 13:17 晴れ
撮影日 2016.8.25 撮影地 新潟市秋葉区・小須戸本町通り
[PR]
by chonger58 | 2016-11-09 12:02 | スナップ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://chonger58.exblog.jp/tb/26804072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 小須戸喧嘩燈籠まつり② 勢至菩薩とひまわり夕暮れコンサート >>